必死〜オジロワシVSオオワシ

ovo7211.jpg

ご存知のように冬の海の氷の様子は日々変化します。昨日氷がなくてカモがいっぱいいたから行ってみよう
なんて思って行くと氷がびっしりで1羽も鳥がいない・・当たるも八卦とはこの事だなぁと(笑)

漁港へ向かう途中の外海?内海かな?この日は氷が割れて水面が道路際の岸壁の方に広がっていて
遠くからホオジロガモの群れが見えたのでカメラを持ってそっと岸壁から覗いて・・なんて顔を出した瞬間
一斉に飛ばれました〜(泣)いやあ敏感です、たいしたもんですw

そんな僕の背後の電柱にはさっきからオオワシが1羽・・電線かぶりだし・・撮影もせずホオジロガモを見ていました
そのうちオオワシが飛んで頭の上を海の方へ・・そして急降下・・まさかホオジロガモ襲うの?と思ったら
氷の端から何かを掴んでまた飛び立ちました。

とそこへどこからか目ざとく獲物を見つけた1羽のオジロワシが・・・
オオワシのごちそうを失敬しようと・・・現れる
ovo7212.jpg

オオワシに急降下したオジロは飛び蹴りやら体当たりやら・・・
オオワシもひらりと攻撃を交わして・・・
ovo7213.jpg

たまらずオオワシは臨時滑走路へ着陸・・その足にはカレイがしっかり握られてましたw
ovo7214.jpg

オジロワシはなおも飛び蹴りをお見舞いするも
ovo7215.jpg

勢いあまってコケて形勢逆転・・オオワシ勝利か・・・
ovo7216.jpg

とそこへもう1羽のオジロワシがいきなり参戦・・助っ人なのか漁夫の利狙いなのか・・
ovo7218.jpg

もんどり打って海に落ちてしまったオオワシを尻目にオジロワシ魚へダッシュ!!
ovo7219.jpg

落ちたカレイをつかむと飛び立ちました〜
ovo72110.jpg

「なんてこった」と残された2羽・・追おうとするもあきらめムード・・
我関せずとのんびり泳ぐホオジロガモたちw
ovo72111.jpg

勝負あり・・・「ああぁ疲れた」としばし休憩・・・
ovo72112.jpg


この時期の漁はコマイとかチカが主だそうで(どちらも関東の僕には馴染みがありませんが)
カレイは採れても捨ててしまうらしいです。それを巡ってワシたちがたくさん集まるところもあれば
こんな偶然に見られることもあります。
こちらにしてみればワクワクするような光景で楽しいですがワシ達にとっては生きるための試練。
北海道へ来ると動物の生きていく術がとても身近に感じられます。




ところで北海道にはもちろん三脚も一脚も単焦点もズームも・・取り敢えずフルセットで行きましたが
三脚を使ったのは風蓮湖のワシ撮りの時だけでした。
車で移動しながら鳥さん見つけたら即撮影というスタイルでしたから三脚セットしてる間にみんないなくなってしまう(笑)
じっくり待つっていうのもしてみましたが何せ寒くて・・10分もすると顔が痛くなってくるし
シャッター押してても人差し指の感覚なくなってきて押してるんだか押してないんだかわからなくなるんです。
手袋もインナーとアウター2枚重ねだしカイロも忍ばせてるけど・・・
なので単焦点も今回はほぼ手持ち・・・結構鍛えられたかもしれません(笑)

それにしても地元の友人は・・帽子もかぶらず手袋もせず・・僕はスノーブーツに簡易アイゼン付けてるけど
彼はティンバーランドのブーツで僕の倍は早く歩いちゃうし(汗)いやあずーーと感心してましたよw
そのかわり東京の夏ではきっと生きていけないんでしょう(笑)







スポンサーサイト

何を語り合っているのでしょう〜オジロワシ

ojrp7281.jpg

オオワシとオジロワシどっちが好き?と聞かれるとオジロワシ・・って言ってしまう。
オオワシよりも一回りか二回り小さく色気もコントラストのきれいなオオワシと違い単色な感じ。
でもでもその表情は実に精悍で風格すら感じる。
地味な色合いのその羽根もとても美しくもちろん飛翔の姿もとても格好が良い。

でも何が好きかって・・この夫婦の出で立ちなのかなぁって思う。
オジロワシは渡ってくる個体もあるし留鳥として北海道でも繁殖するということ。
早朝夏の風蓮湖畔で霧の向こうで止まっているオジロ夫婦の姿が今でも目に焼き付いている。

番でいるオジロワシはきっとずっと道東で過ごし子孫を残しているのだと思うが
頭から方にかけて白さが増し時を刻んだ老夫婦の物語はどんなもんなんだろうと思いを馳せつつ
シャッターを押してしまうw

民家の庭先の常緑樹に老夫婦が止まっていた・・外から撮っていると除雪をしていらしたご主人が
「中入って撮っていいよ〜」と声をかけてくださった。いつもここに止まっているのだろうか
こちらの事は無視・・堂々としたもんだw

オオワシはかなり警戒心が強くすぐ飛ぶけど・・オジロワシは意外に逃げない。
ojrp7282.jpg

漁港の反対側の絶壁途中に止まっていた夫婦・・どんな眺めなんだろ
ojrp7283.jpg

岸壁に止まっていた夫婦・・「向こうまで歩いていけますよ」と友人はすたこら氷の上を歩いて行っちゃったけど
端に凍ってないところもあって・・・勇気がなくて歩けなかった・・・
友人の撮ったこの夫婦の大写しの表情が実に素敵だったw
ojrp7284.jpg

夫婦ではないけど一本の枝に3羽のオジロワシ。年代別な感じが面白いですw
ojrp7285.jpg



今回は続きがあります、よろしければclickしてご覧ください。

優雅な飛翔〜タンチョウヅル

tt7221.jpg

今回は朝タンチョウが餌場に来るところと変えるところを見たいなと思ってたので連れて行ってもらいました
「何時頃来るんだろ?」「日に寄って違うらしいですが・・まあ7時ころには行きましょう」
ってことでその前に塒を確認することに・・・「この沢をここから100mくらい下ったところにわんさかいるよ」
なんて教えてもらったんで喜び勇んで言ってみましたが・・道路はもちろん途中で無くなるし歩こうなんてトンデモナイ
スノーシューでも履いて冒険しなくちゃ行けなそうなので断念(笑)
おとなしく餌場へ・・・で7時半・・・もぬけの殻・・・8時・・シーーーン・・・8時半・・・ガラーーーン・・・
さむーーーい(T_T)

「マジ?」来ないんじゃない??9時・・・まてど暮せど・・・「今日こない・・・?」

「きました〜よ〜」沢を登ってきたのでしょうか・・・斜面からふわりと浮き上がって青空を舞ってくるタンチョウ〜w

tt7222.jpg

tt7223.jpg

ゆっくりと羽ばたいて風にのってくるようなタンチョウたちはとても優雅、優美に見えます

tt7224.jpg

上空で弧を描いて目標を定めて餌場に降りる準備です・・・
そして次から次へと降りてきますwその様子もまたの機会に出すかも!!

tt7225.jpg

なんだかんだタンチョウはやっぱりツルの王様ですよねえ(笑) 好きだなあw




後日夕暮れ時に訪れたとき・・次から次へと餌場を去っていくタンチョウの行方を追うと
橋のある方向に降りたように見えましたw
「行ってみようか?」車を走らせました。

橋の上をゆっくり進んで眼下の川を見下ろすと・・「いたっ!!!」


tt7226.jpg

これもまた素敵な光景でした〜

tt7227.jpg




タンチョウはたくさん撮ったので「もうやめろ」と言われるまでは上げると思います
その節は言ってくださいねw





夕日を眺めてた〜タンチョウ夫婦

ount701.jpg

夕焼けが始まる頃ホテルへ戻る道すがら誰にも荒らされてないきれいな丘だなあと思っていたら何か黒い物・・・
「タンチョウいますよ、撮ります?」と友人の声・・あちゃあ、さっきカメラ片付けちゃったし・・・
でもこんな光景は撮っておかなきゃと路肩に車停めて再度カメラを取り出して・・・
「まだいる?」「いますよ」・・・とレンズを付けるがこんな時に限って慌ててうまく噛み合わなくて(汗)

準備OK!!!!100−400でズーム・・・いやこりゃズームはないなと引いた途端
タンチョウ夫婦助走開始っ!!

ount702.jpg

ount703.jpg

ount704.jpg

ount705.jpg

ount706.jpg

雪の丘の上をスーッと飛び上がって夕焼けの空へ・・・
の予定だったんですがそのまま頂上から向こう側へ降りちゃったみたいで・・上には戻ってこなかった(笑)

でもタンチョウこんなところにもいるんだなぁ流石道東!!・・思わぬ出会いにまた感激・・・
なんとなく一日一回は良いことがありました(笑)

写真何枚もいらない感じなんですが・・・まあそれはご愛嬌・・雰囲気もんで(笑)








出会いは突然に〜シマエナガ その1

seg7101.jpg

出会いはあまりに偶然で・・・
少し気温が緩んだので舗装道路の雪が溶け出しフロントガラスはすぐ泥だらけに。
「ウォッシャーは?」
「いや実はウォッシャー切れ・・入れないと、そこにPあるので入れますか??」
ってことでちょっとした路肩のPに車を止めてボンネットを・・・・とその時遠くで「ジュリジュリジュリ・・・」
「ありゃシマエナガっすよ〜」と友達の声。ボンネット開けっ放しでカメラ用意してあたりを見渡すと・・遠くの枝に
「シマエナガ〜〜」 いやあ初見のシマちゃん感動です!!

近くに来て〜〜と必死に願っていると・・・だんだん近づいてきて・・・

seg7102.jpg

ご多分に漏れずエナガは忙しすぎでモニター見る間もなく必死の撮影・・・(笑)

seg7103.jpg

そのまにもどんどん近づくシマエナガファミリーw

seg7104.jpg

突然見失ってどこどこと探したらなんと目の前の枝の影に影に隠れてて・・「ここにいます」と(笑)

seg7105.jpg

seg7106.jpg

seg7107.jpg


北海道の方のblogではごく当たり前のように登場するシマエナガ・・前々からとても会いたかったのですが
過去2回の北海道行きでは出会いに恵まれず・・まだ見ぬ恋人とでもいいましょうかw
ひょっとしたら一番会いたかったのはワシでもなくフクロウでもタンチョウでもなくこのシマエナガだったかもしれません。

こんな偶然あるんだろうかという出会いでしたが・・その偶然この後も続いたのです〜いやあ感動しました。
とりあえず第一弾ですが写真整理しつつ・・またシマエナガ登場しますw





えっ????ハヤブサ...

hbs7201.jpg

岬から雪に埋もれた牧場脇の道を車で進むと突然友人が
「あれハヤブサじゃないっすか??」と・・・「えーーー?こんなところで?」と思いましたが
牧場の杭の先を双眼鏡で覗いたら・・なんとハヤブサがこっち見てました(汗)

「どうしよう??」「降りてみる??」ってことでなるたけ音を立てずに車を降りて(笑)ちょっとだけ進んで見る・・・
あと一歩前?と思ったら案の定飛びました〜が後を追うとラッキな事に少し前のポールに止まったではないか!!
hbs7202.jpg

でまた「どうしよう??」「逆光だから左から回り込んで見る??」
膝までの新雪かき分けながら畑の中を「飛ばないで飛ばないで」と念じながら歩を進める・・・
僕はスノーシューズを履いてるけど友はティンバーランドのブーツなんかでぼくの数倍歩くのが早い(T_T)
とっくのとうに順光の位置までいって既にカメラを構えてる・・・

シャッターの音に焦りながらようやく僕もそこについてカメラを構えた

hbs7203.jpg

「はいもう飛んで良いよ〜」なんて思うのだけど今度はなかなか飛ばない。
こっちをガン見してるんだけど・・飛ぶよりも他にやりたいことがあったんだろうか??
いたずらにシャッター回数が増えていく(笑)

よっしゃ飛んだ〜!!!!とおもいきやどうもあそこが滑るらしく・・・
考えてみりゃなんであんな止まりにくそうなところに・・・(笑)

hbs7204.jpg

なんて油断してたらいきなり飛ばれてしまった・・・トホホホ
友人に「飛び出し撮れた?」と聞いたら「撮った」ですと(泣)

ハヤブサは眼下の海方向へさーーーっと飛んでいきました。

hbs7205.jpg

で少し先にくるまを止めて海の方を見ていたら・・・目の前ハヤブサが横切りました〜(笑)
なんとも突然の登場・・・さっきの個体は尾がかなり傷んでいたけど今度のはきれいで別個体の成鳥だろうと。

hbs7206.jpg

考えてみたら関東の海にも見に行かなかったし三番瀬でハマシギを襲ったハヤブサを見たことがあるくらいで
あまり縁のなかった猛禽でblogに写真上げるのはなんと初めてです・・
思いもかけず予想外に・・こんなところで出会えてとても感動しましたw

hbs7207.jpg


前々からの計画だったのでなんとかキャンセルをせず大好きな道東に行って
これ以上はない気分転換をしてきました(笑)

12月の道東は冬鳥の宝庫だったらしいですが打って変わって1月下旬の道東は鳥影薄く(笑)
それでも充分に楽しんだ日々を過ごせました・・・

時系列など無視して色々写真をUPしていこうと思います。今日はたまたまハヤブサで・・・
またよろしくお願いいたします。




大寒〜ジョウビタキ

jbo7201.jpg

大寒も過ぎ冬真っ只中・・・
今のところ幸いにして東京は雪のルートから外れてホッとはしていますが
大雪に見舞われた地域の皆様にはほんとお見舞い申し上げます・・

僕としてはのっぴきならぬ状況を背負う羽目になり写真撮りどころではない日々を正月から・・・(T_T)
ご親切な鳥友さんからせっかくお知らせいただく情報も指をくわえているばかりで。
なかなかPCのを開く時間もなくコメントも頂きっぱなしでほんと申し訳ございません
いつもありがとうございますw

あまりカメラを構えていないと撮り方も忘れそうなので
家の前の畑で遊んでいたジョビオ君を一枚撮ってきました(笑)


また何か撮りましたら記事も書きたいと思いますので・・・
どうぞ覚えておいてください(笑)

インフルエンザも大流行とか・・どうぞ皆様気をつけて鳥撮り励んでくださいませ〜




発見〜トラツグミ

ttm7101.jpg

前回は遠くで後ろ姿だけだったトラちゃんですが今回はとってもフレンドリー・・
ってか人間眼中に無し??

木の陰から顔を出したトラツグミを発見!!!いやあうれしいもんですw

ttm7102.jpg

向こうへ行っちゃうかなあといきを潜めていたらなんとこっち側へ出てきて地面を漁りながら歩き始めました

ttm7105.jpg

ttm7103.jpg

途中ムカデを食べたり・・なんかムカデの写真はグロテスクで貼るのは止めましたが
ここは餌が豊富なようで・・w

さっきも書きましたが人間眼中にないのでしょうか・・こっちへ向かって平気で歩いてくるトラツグミ
こちらの方が遠慮して後ずさりするくらい(笑)

ttm7104.jpg

目を離した隙にいつもまにか姿を消してしまいましたが・・・
飛ぶところも観たかったぁ・・残念!!

あまりお尻フリフリはありませんでしたがうれしい出会いでしたw










あけましておめでとうございます〜ニシオジロビタキ

遅ればながら皆様

あけましておめでとうございます
ことしもどうぞよろしくお願いいたします



nobk7106.jpg

前々から教えて頂いてたニシオジロビタキようやく年末に行くことが出来ました・・
もうとっくに話題から消えてしまっていたのでまだいるのかも不安でしたが・・・いましたw

朝行ったとき時にはカメラマンさんが二人・・鳥さんもちょうどお出ましになったようで。
ニシオジロビタキはもうすっかり人なれしてる様子でロウバイの中を高速で動き回り
時には道路へ降りたり・・カメラマンを挑発するように目の前でUターンしたり(笑)

nobk7102.jpg

nobk7108.jpg

nobk7105.jpg

nobk7109.jpg

nobk7107.jpg

考えてみたら2016年の初撮りはやはり近隣の公園でオジロビタキでした。
2016年の撮り納めもオジロビタキで・・思っても見なかった出会いでしたw

どうも飛びたしは枝の向こう側ばかりで、飛翔はなぜかこっちへ至近距離で向かってくるので
ピントが全然合わず・・・ちょっと悔しかったです。

暖かくなるに連れてカメラマンも増え始めましたがそれと同時に追いかけすぎのカメラマンも増え
それには参りました・・・が・・・

ぴょんと上がる尻尾がめちゃかわいくて・・楽しく朝から過ごすことが出来ましたw

nobk7110.jpg





なかなか忙しくしているので不定期なblogになってしまいますが
どうぞ皆様今年もよろしくお指導をお願い致しますw
よい酉年でありますようにw








今年も〆〜シメ

6sm121.jpg

そう言えば先シーズンはあんまりシメを見なかったような気がします。
一昨年は家のベランダにまで来たっけなあ・・

今年は大群に会いました・・・ベニマシコを撮りたかったんだけど全然いなくて・・・
そしたら大群が頭上に・・カワラヒワが良くいるところなのでそうかなと思ったら全部シメでした。
100以上いたんじゃないでしょうか。
高ーいところなので全然しゃしんは撮れなかったけど一周してまた戻ったら地上に降りたのが見えましたが・・
警戒心ものすごくてちょっと近づいても一斉に逃げます(笑)
群れの時は仕方ないですね・・・

しばらくそんなことの繰り返しで・・・でも中には無頓着なやつもいるようで
眼の前に飛んで来たのを撮ってみたり・・食事に夢中なのを撮ってみたりw

6sm122.jpg

6sm123.jpg

6sm124.jpg

6sm125.jpg


早い・・・ほんとに一年が早い・・・年とってきたら余計にそう感じるってありますか??

後半はなんか慌ただしくあまり鳥撮りにも行けませんでしたが・・・
新しい新しいお友達も出来たりおかげさまでとても楽しい一年でした。
皆様ほんとに色々ありがとうございました・・・
酉年の来年・・益々よろしくお願いしますね〜

それではどうぞ良いお年を!!!


プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ