発見〜トラツグミ

ttm7101.jpg

前回は遠くで後ろ姿だけだったトラちゃんですが今回はとってもフレンドリー・・
ってか人間眼中に無し??

木の陰から顔を出したトラツグミを発見!!!いやあうれしいもんですw

ttm7102.jpg

向こうへ行っちゃうかなあといきを潜めていたらなんとこっち側へ出てきて地面を漁りながら歩き始めました

ttm7105.jpg

ttm7103.jpg

途中ムカデを食べたり・・なんかムカデの写真はグロテスクで貼るのは止めましたが
ここは餌が豊富なようで・・w

さっきも書きましたが人間眼中にないのでしょうか・・こっちへ向かって平気で歩いてくるトラツグミ
こちらの方が遠慮して後ずさりするくらい(笑)

ttm7104.jpg

目を離した隙にいつもまにか姿を消してしまいましたが・・・
飛ぶところも観たかったぁ・・残念!!

あまりお尻フリフリはありませんでしたがうれしい出会いでしたw










スポンサーサイト

あけましておめでとうございます〜ニシオジロビタキ

遅ればながら皆様

あけましておめでとうございます
ことしもどうぞよろしくお願いいたします



nobk7106.jpg

前々から教えて頂いてたニシオジロビタキようやく年末に行くことが出来ました・・
もうとっくに話題から消えてしまっていたのでまだいるのかも不安でしたが・・・いましたw

朝行ったとき時にはカメラマンさんが二人・・鳥さんもちょうどお出ましになったようで。
ニシオジロビタキはもうすっかり人なれしてる様子でロウバイの中を高速で動き回り
時には道路へ降りたり・・カメラマンを挑発するように目の前でUターンしたり(笑)

nobk7102.jpg

nobk7108.jpg

nobk7105.jpg

nobk7109.jpg

nobk7107.jpg

考えてみたら2016年の初撮りはやはり近隣の公園でオジロビタキでした。
2016年の撮り納めもオジロビタキで・・思っても見なかった出会いでしたw

どうも飛びたしは枝の向こう側ばかりで、飛翔はなぜかこっちへ至近距離で向かってくるので
ピントが全然合わず・・・ちょっと悔しかったです。

暖かくなるに連れてカメラマンも増え始めましたがそれと同時に追いかけすぎのカメラマンも増え
それには参りました・・・が・・・

ぴょんと上がる尻尾がめちゃかわいくて・・楽しく朝から過ごすことが出来ましたw

nobk7110.jpg





なかなか忙しくしているので不定期なblogになってしまいますが
どうぞ皆様今年もよろしくお指導をお願い致しますw
よい酉年でありますようにw








今年も〆〜シメ

6sm121.jpg

そう言えば先シーズンはあんまりシメを見なかったような気がします。
一昨年は家のベランダにまで来たっけなあ・・

今年は大群に会いました・・・ベニマシコを撮りたかったんだけど全然いなくて・・・
そしたら大群が頭上に・・カワラヒワが良くいるところなのでそうかなと思ったら全部シメでした。
100以上いたんじゃないでしょうか。
高ーいところなので全然しゃしんは撮れなかったけど一周してまた戻ったら地上に降りたのが見えましたが・・
警戒心ものすごくてちょっと近づいても一斉に逃げます(笑)
群れの時は仕方ないですね・・・

しばらくそんなことの繰り返しで・・・でも中には無頓着なやつもいるようで
眼の前に飛んで来たのを撮ってみたり・・食事に夢中なのを撮ってみたりw

6sm122.jpg

6sm123.jpg

6sm124.jpg

6sm125.jpg


早い・・・ほんとに一年が早い・・・年とってきたら余計にそう感じるってありますか??

後半はなんか慌ただしくあまり鳥撮りにも行けませんでしたが・・・
新しい新しいお友達も出来たりおかげさまでとても楽しい一年でした。
皆様ほんとに色々ありがとうございました・・・
酉年の来年・・益々よろしくお願いしますね〜

それではどうぞ良いお年を!!!


賑やかで楽しそうで〜メジロ

mjr6121.jpg

仕事をしていると賑やかに飛び回るメジロの声が左から右へ通り抜けていくのが聞こえます
「ああまた来たなあ」なんて時々窓越しに見るとすっかり葉の落ちた柿の木や
黄色い実を付けたキンカンの木で遊ぶ??メジロ達が見えます。

今年は群れの数がとても多いように感じます・・10羽以上いるような
時々カメラを持って行ってみると楽しそうに囀って飛び回るそのメジロ達に癒されますw

mjr6122.jpg

mjr6123.jpg

mjr6124.jpg

mjr6125.jpg

mjr6126.jpg


クリスマスも終わりあっという間に今年も終わりそうで・・・
後半戦は忙しくたいした鳥見も出来ないままに年を越してしまいそうです。
その代わり年明けたら遊ぶ予定を立てています(笑)

年内もう一回更新が出来ればなあと思います。
だってシメには一応会うことができましたから(笑)






まったり〜トモエガモ

tm1221.jpg

昼過ぎの池はもうまったりムード・・小鳥に比べると水鳥の時間はゆっくりゆっくり流れてる感じで
みんな頭を背中に突っ込んで無防備に寝てるとしか見えない(笑)

何かいないの?と双眼鏡で見える範囲を向こう岸まで舐めるように見ていると
カルガモじゃない・・コガモ?じゃない・・マガモ?じゃない・・ヒドリ?違う・・消去法で
「これひょっとしてトモエガモ??」と思われる個体発見!!

ここはひとつねばってみっかと・・木に寄りかかってどのくらい経ったかは忘れましたが
まわりのマガモが動いたのに釣られて動きだしたのはトモエガモでした〜
大正解〜良く見つけたと自画自賛(笑)


tm1222.jpg

愛想良くマガモに挨拶に行った途端気の強そうな♀に吠えられて(笑)退散(笑)

tm1223.jpg

tm1224.jpg

そのまま泳いで死角から消えて・・その後は探せず

tm1225.jpg

少し遠かったし半逆光で綺麗な色が出にくい状況でしたけど・・・
今年初の出会いとしてはうれしい昼過ぎのひとときでした〜w











人気者は辛いよ〜ルリビタキ

rbrk1231.jpg

都市公園の冬はこの子が来ないと始まらないのかもしれません。
今年も青い子が愛想を振りまいてくれていますw

カメラマンも多いし登場してあげなきゃと思っているかどうかはわかりませんが
登場回数も多くポーズを取ってくれました
人気者は辛いっすねえ・・wありがとう!!!

rbrk1232.jpg

rbrk1233.jpg

rbrk1234.jpg

rbrk1235.jpg

rbrk1236.jpg




そんなルリを撮っていたらその向こうに鳥影が見えて・・シロハラはよくこの場にも現れましたがトラツグミ〜〜
一瞬でいなくなりましたが・・・これが最初で最後なんて事にならないように願います!!

ttm12001.jpg







葦原を旋回します〜チュウヒ

ch1211.jpg

ハイイロチュウヒが飛ぶのほとんど朝と夕方・・いったい彼らは昼間はどこでどうしているんでしょう。
2羽いると聞いたハイイロチュウヒの♂はそれぞれ別の方向に飛び去って葦原を後にしました。

他の鳥でも探しに行こうと遊水地を車で走っているとチュウヒが飛んでいるのが見えました。
時間にかかわらず葦原の上を飛んでくれるのでノスリと共にここではわりと身近な猛禽かもしれません・・
とは言え・・あまり撮ったこともない僕ですので撮影はとても楽しかったですw

ch1215.jpg

夕方になってハイイロチュウヒの塒入りをなんて思って朝とは反対側の土手に行ってみました。
すると1羽の猛禽が飛んできて葦原の中の木に止まりました!!
双眼鏡で見たら頭から胸にかけてが真っ白で「こりゃハクトウワシだ!!」と思ったくらいです(笑)

ch1212.jpg

しばらくするともう1羽が舞い降りてきて2羽とも幼鳥でしょうか??
暗くなって撮影不能になってからもずーーと止まっていました。
実はこの写真を撮っているときハイイロチュウヒがこの真後ろをひゅーーっと飛んで行くのが
ファインダー越しに見えました・・一直線に降りちゃったみたいです(笑)

ch1213.jpg
ch1214.jpg

ch1216.jpg





久々の新しいネタblogでオールスターキャストでコメント頂きましてとてもうれしく思いました。
皆様の写真をうっとり眺めながらまた楽しく鳥撮り〜ができたらと思いました〜

そうそうハイイロチュウヒが飛ぶ前に熱気球が飛びました〜広いこの遊水地ならではの光景ですね
これ乗ってみたい〜カメラ持って!!!
wrs1217.jpg







ドキドキ・ワクワク〜ハイイロチュウヒ

hic61201.jpg

ようやくの鳥撮り日。近隣で愛嬌を振りまく小鳥ちゃんに会いに行こうとも思ったのですが興奮で寝られず・・・
3時半にはバチッと目が覚めてしまったので会えるかどうかはわからないけれど高速に乗って遠征w
まだ夜も明け切らない言わずもしれたポイントに到着しましたがハイチュウ狙いのカメラマンさんたちは既にスタンバイ!!
一応降りては見ましたが葦の背が高くてみなさん車の屋根だったり少なくても脚立は必須のようで・・
まあこれだから猛禽狙いはハードルが高いですよねえ・・
普通ではとても撮れそうもないので離れた土手の方に行くことに・・そこにも3人ほど先客ありで・・

ようやく7時前、夜が明けてきて赤く染まりだした葦原に気球が飛んだり・・ものすごく寒い日で吐く息も真っ白。
すると遠くに飛んでいくハイイロチュウヒを発見・・遥か方の山並みを背に去っていってしまいました・・・
ああこれでオシマイ??なんて思っているとしばらくして一人のカメラマンさんが
「ずっと奥の方でハイチュウとチュウヒが絡んでる」と教えてくれました。

hic61202.jpg

遠かったですが「おおっハイチュウだぁ」って結構テンションは上がりましたがその方曰く
「向こうの葦原がねぐらであそこは飛ぶんですがなかなかこの川は渡ってくれないんですよ〜」と・・

hic61203.jpg

しばらくチュウヒとのバトルを繰り広げたあとせっかくのチャンスですからずーーとファンダーで追ってました。

するとどうでしょう・・・なんかこっちに向かって飛んで来る感じ!!!

えーーーだんだん近づいて来る〜
「こっちへ来ますよ〜」とノスリの撮影に言ってた皆さんに声掛け、皆さん慌ててポジションへ(笑)

hic61204.jpg

川渡りました〜ずっとファインダー見てるから実際の距離は定かではありませんが
どんどん大きくなっていくハイイロチュウヒは迫力満点だしめっちゃきれいでした。

hic61205.jpg

hic61206.jpg

hic61207.jpg

hic61208.jpg

家に帰って確認したら最初に去っていったハイチュウを撮ってのが6時58分で・・
それからチュウヒとのバトルがあってしばらく飛んでたけど一度葦原に入って。
再び出てきて近くを飛んでくれて湖の向こうに去ったショットが9時20分ころで・・
いろいろな期待を持たせてくれてその姿を見せてくれてなんだかんだと長いこと楽しませてくれました。
この色合いほんと綺麗でした。

このあと色々回って塒入りにもお邪魔しましたがもう薄暗くなって撮影困難なころに戻ってきたハイチュウ君は
一直線に葦原に降りてオシマイでしたw

初見ではないけれど以前のはただの豆粒で(笑)久々の鳥撮りにしてはドキドキ・ワクワクな良い日でしたw

hic9061.jpg










窓からシリーズその3〜アオゲラ

agr61101.jpg

blogにUPする写真がありません・・(笑)

先日仕事をしていたら「キョンキョン」と声がしたのでいつもの通り窓から覗くと
アオゲラが木を突いてましたw

晴天の日にはアオゲラはほとんど来ません・・曇天や雨の日に来ることが多いのです・・なんでだろ・・・
春先は2羽で来ることも多いし今年の夏は黒い顔した幼鳥も来ました・・
近くに家があるんですねw

agr61102.jpg

agr61103.jpg

agr61104.jpg

agr61105.jpg


この木が何という樹かわからないのですが2Fの仕事場の窓から目線になるくらいのかなり立派な樹で
ドングリがたくさんなるので鳥も結構来ます・・まあ鳥といってもカラスとオナガくらい????(笑)
実が落ちると何故か近所の爺っちゃんや婆っちゃん達がコンビニ袋持って拾いにも来るんです・・美味しいのかな??


今年の冬鳥はどうなのでしょう・・・早くカメラ持って鳥達に会いにいきたい今日この頃です。








ちょっとだけ会えました秋の〜ノビタキ

nbtk6101.jpg

先月初めですが平地に降りて来たノビタキに会いたいと思って出かけました。
が・・・コスモス畑のノビタキは一切姿を見せず・・・
たまたまもう一カ所に行ってた鳥友さんに連絡したら「いるよ」と言うことなので向かいました・・・
が・・・午前中は出ていたノビタキも午後になるとすっかり身を潜め・・・いることはいますが遠い遠い。

今年は夏の高原でもあまり色々なノビタキに会えなかったしちょっとノビタキとは縁の薄かった年でした。

nbtk6102.jpg

nbtk6103.jpg

nbtk6105.jpg

nbtk6106.jpg


思うように撮れずようやく撮ったような写真なので後回しになっていましたが
没にする前に登場して貰いました(汗)
でもでも秋の色になったノビタキは夏と違った趣で、取り敢えずは会えてホッとしましたw


ずっと忙しくてせっかく情報をいただいた鳥達にも会いに行けず・・・
今月も行く時間は無いので来る冬に備えて思い切ってカメラやレンズをメンテに出すことにしました。
もし家の前のムクドリの中にホシムクやギンムクがいてもコンデジしかありません・・・どうしよう(笑)








プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ