元気いっぱい〜ヒガラの子供達

また関東に台風が近づいてくるとか・・それもエネルギーたくさん蓄えての出戻り
北海道の被害も甚大でまた心配事が増えます。どうかこれ以上に被害がありませんように。
東京も災害慣れしてないからちょっとのことで麻痺するのでどうぞみなさん気を付けて。

信じられない異常な事件や馬鹿な事件や・・・世の中変わっちゃったんだなぁと実感する毎日ですが
オリンピック見てたらやっぱスポーツは良いなあと・・単純に全てが美しい。

自然にふれあって鳥見てると・・やっぱり純粋さを感じて良いもんですねw

なんて余談から入ってしまいましたが・・
みなさんレンカクお見事に撮っていて羨ましい。人がいなきゃ出かけたかも知れませんが
人数聞いただけでびびって行けませんでした(笑)でも皆さんの写真で充分堪能!!!





相変わらず僕は普通種ですが・・高原でのヒガラ。
日本一のお山でいつもヒガラはたくさん来るので撮ってたんですが
実は今回は他種が出過ぎてヒガラまで手が回りませんでした(笑)

鳥の少ない高原でしたが森林浴は堪能しての帰りの川沿い・・
カワガラスが眼の前を横切ってその後を追っていたら急に辺りが騒がしくなってきて
眼の前やら頭上やら忙しく飛び回ってあっという間に鳥さんに囲まれた感が(笑)
相当な数・・30羽くらいはいるように感じました。
次から次へと川岸に降りて行くようなので遠回りで近づいて見るとほとんどがヒガラのヒナ達でした!!!
水浴びに降りて来ているようで子供達の会話が響いてまるで保育園のよう、めちゃ可愛い!!

hgr6851.jpg

hgr6852.jpg

hgr6853.jpg
hgr6854.jpg

hgr6855.jpg

水浴びの後は木に飛び移って毛繕いしたり・・またみんなで飛んで行ったり・・
観察しているとどうも川沿いのある範囲を行ったり来たりしているようで飛んで行ってもいつの間にか
また戻って来ます。なので僕も楽しくてなかなかその場を去ることが出来ずに・・(笑)

木漏れ日の中での撮影を楽しみました〜w

hgr6856.jpg








スポンサーサイト

いつも可愛い〜ミソサザイ

msi68201.jpg

先日記事にしたマヒワの子供を目撃したときその場所がちょっとした水場のようで
キセキレイの幼鳥とかヒガラとか現れていたので木の陰に隠れてしばし観察していました
すると・・眼の前のその切り株に突然このミソサザイが現れました〜
僕はビックリもしましたが向こうはそれほど気にとめる様子も無く・・
木株を2,3回往復すると突然眼の前でパタッと!!!!
「えーーーっ具合悪いの?」って思ったりここで倒れられちゃったら困るなあ・・・とか(汗)

msi68202.jpg

でもでも、しばらく横になるとパッと立って木の向こうに姿を消しました!!!
これは甲羅干し??なのでしょうねえ!!


msi68203.jpg


そしてまたしばらくしたら眼の前に登場(笑)なんともフレンドリーなミソサザイw
なんとなく仕草も子供な感じで人の事もさほど気にしない様子なので多分幼鳥なのでしょうか

春先の囀りが聞こえなくなって久しぶりに可愛いミソサザイに会えましたw










大きくなってた〜オシドリの子供

osd6851.jpg

高原の川の流れはほんと良いもんです。早朝は人もいないし川の音だけが・・
それでもう充分癒されるのですが・・あと一つ鳥の声が足りない・・(笑)

そんな川沿いを歩いていると中洲に見えたのがオシドリの子供達・・
7羽いたのですがちょっと気付くのが遅れて先に気付いた子供達は大慌てで川の流れに・・
川沿いを見失わないように・・足を踏み外さないように後を追いましたが死角もあり見失いました(汗)

でようやく川を見渡せる場所で見てみると眼の前に来てました(笑)
カモの雛は小さい時は区別が付きにくいですがここまで来るとお母さんと同じくらいの大きさだし
完全にオシドリってわかるくらい成長してますが
泳ぐ姿やその仕草はまだ充分子供らしくて・・可愛かったです〜w


osd6852.jpg
osd6853.jpg

お母さん含めて7羽いたと思うのですが付かず離れずで・・持ってたレンズも単焦点だったので
ちょっと距離が近すぎて・・全員をファインダーに入れるのはダメでした!!
osd6854.jpg

osd6855.jpg

去年の今頃たった一羽になったオシドリ親子を見ました。
今年はまだこんなに元気で育ってwなんだかうれしくなりました!!




残暑お見舞い申し上げます

相変わらず蒸し暑い東京ですが幾分暑さが和らいで熱帯夜じゃ無いのが救いです。

お盆頭仕事で福岡に行ったのですがもう2週間も猛暑日が続いていると・・
昼間は暑すぎて外に出るのは断念したくらいの猛暑でした!!
北海道には台風近づいてるし・・今週半ばには関東にも・・
みなさんお気を付けてお過ごし下さい!!













誰の子ですか~

hn6821.jpg

高原の草原から林に入って川沿いの休憩地点に差し掛かって「さて休憩」
眼下を流れる川の流れにしばし見入っていたらキセキレイが飛んでいるのが眼に入りました・・
何羽かいましたので子育て中かぁと。その他にも鳥がちょこまかと川面に降りたりしてるのが見えました。
遠くてよくわからなかったのですが2,3羽で動き回っているのが近くの木まで来ました。
その前に同じ場所でキビタキがいたのでキビタキの子だろうと思って・・

あっという間に去って行ってしまったので取り敢えず撮って後で確認しましたがキビタキじゃなくて・・
ビンズイでも無いし・・・どうも風切の感じからするとカワラヒワ??クチバシの感じが違う??
マヒワって高原で繁殖しますか??

とまあ未だに何なのか自信を持っては言えないので・・・皆様のご考察を!!m(_ _)m

しかし夏の林・・透過光がこんな緑になるんですねえ。鳥さんの色が緑です!!!

hn6822.jpg

hn6823.jpg




久しぶりにキビタキにもちらっと会えました!!こちらはキビタキのヒナですね
お父さんは子育てが終わったのでしょう・・春のパリッとしたお父さんとは打って変わって
毛もボサボサ・・色あせて・・ご苦労様でしたって感じ・・しばしゆっくりして下さい~w

kb6824.jpg

kb6825.jpg



高原とは言え暑い夏の日・・木道を歩いて行くとリュックがあたる背中は汗びっしょり・・
肩に掛かるレンズの重みも時間が経つにつれて増していき・・
時期が悪いのか探し方が悪いのか・・・鳥影も極端に少なくノビタキもホオアカもほとんどいない寂しい状況でした。

まあそれでも色々楽しめるのが高原の良さで何より日陰には行って休憩したときの涼しさは
東京から行った者としては生き返った気分になりました~





眼の前に現れたのは〜わかーーーいモズ

moz6821.jpg


花園でユリの花を撮っていたら蝶々も飛んできたり何かと忙しくなって・・・

すると僕のすぐ上の木の中から「キキキキキ・・・」というか「ケケケケ・・・」というか
モズのけたたましい声が聞こえてきました。そして反対側へ飛んで行ったモズが見えました!!!

モズに会うのは久しぶりのような気がしたので一応レンズを100-400に交換してと・・
と、突然眼の前の柵に飛んで来ました(笑)こりゃビックリ!!!

きっと親から別れたばかりのワカですね、すこーしモズらしくなって
これはオスでしょうか??

moz6813.jpg

moz6822.jpg


すぐまた飛んで行ってしまいましたがなんかとっても得した気分になりましたw




モズのワカで、急に思い出したのですが春にシマアカモズのワカを撮っていました。
みなさん桜と一緒に撮ってたあのワカですw
例によって僕はタイミングを逃したので葉桜で・・菜の花だけでしたw

モズワカつながりで便乗UPしちゃいましたwライファーなのでカテゴリもシマアカモズになってますw

samz6332_201608082106046ab.jpg

samz6335_2016080821060639a.jpg

シマアカモズはこの後も結構滞在していたらしくだいぶ大人になって綺麗になった聞きました
行こうと思ったんですがいつものごとく行けませんでした・・
どうも詰めの甘い鳥撮りになってしまいますね(笑)

暑い日が続きます・・干潟にはコアジサシが千羽単位で集結しはじめたと・・
シギチの秋の渡りも始まったとか・・・行きたいのは山々ですが
この天気で海での撮影・・自信有りません(笑)

皆様もどうぞお気を付けて!!












首長いねえ~ヨシゴイ その2

ygi6821.jpg

ヨシゴイは以前に一度だけ遊水池の葦の中にいるのを見たことがあるだけなので
こんな間近でみたのは初めてでした。
ベージュとネイビーの組み合わせも見事でとっても綺麗な鳥ですね。
ゴイサギにしてもヨシゴイにしても・・・そだバンにしてもあの脚の大きさには驚きますが
こうやってハスの葉の上を歩いたり茎につかまって魚を捕ったり、爪も凄く長くて
そんな用途には欠かせない脚なんだと改めて思いました~

ygi6822.jpg

遠くを双眼鏡で見ていてふと気が付いたら眼の前にいた!!
いったいいつ来たんだろうって(笑)そいえば結構忍者っぽい身のこなしかも~w
本日最接近!!!!
ygi68211.jpg
ygi6823.jpg

葦の中に戻ったヨシゴイ・・この中に入っちゃうと後はどこから出てくるか(笑)
しかしこの首は潜望鏡のようですねw
ygi6825.jpg

ygi6824.jpg

ygi6829.jpg

茎に止まったりハスの上を探索しながら歩いてたのですが
しばらくすると止まって羽を広げて・・かなりの時間じーーーーっと。
カワウみたいに羽干してるんですねえ!!ハスの茎がちょっと邪魔でしたがこの位置しか見えなくて!!
ブルッと体を震わせるとハスの中を飛んで行きました!!
ygi6827.jpg
ygi6828.jpg




ygi68210.jpg

暑かったけどとても楽しいヨシゴイとの出会いでした。
飛翔姿もっと撮りたかったなあとも思うのですがハスの中を飛ぶことも多くあまりチャンスがありませんでした。
それとあっちにもこっちにもいるんでどっち撮ったら良いのかと迷ったりもしてそのうちいなくなったり(笑)
一つじっくり狙ってれば良いのでしょうが・・どうも旅ガラスの貧乏性なもんで・・
出来ればしばらく通って観察出来たらめちゃ楽しそうなところです!!!

「そうかぁもっとこう狙えば良かった」とか「魚捕るときの位置はこれじゃ無くて・・」とか
「ああぁピントはこっちかぁ」とか・・・撮った後に気付くのは常で(笑)
この反省はまた次回に生かそうといつも思うことは思うのですが・・・

いつになるかはわからないけれど・・また是非訪れてみたい所です!!




湖の住人~ヨシゴイ その1

ygi6801.jpg

前々から一度行きたかったのですがなかなかタイミングも合わず・・思い切りも無く・・
いつかはとその機会を伺ってましたが「行けました~(笑)」

駐車場から湖方向へ出ると一面に蓮が広がっているのが見えました。
それほど大きくは無いけれど湖ってくらいですから沼よりは大きい(笑)
ポイントはどこなんだろか・・と心配しながら岸辺までいくと・・ベンチに座って構えるカメラマンがお一人・・
えっ?なんとその眼の前の蓮の葉の上にいきなりヨシゴイが!!!

慌ててリュック降ろして三脚広げて準備しましたが、「出来た~っ」とシャッター押し始めたら
2,3枚で飛んじゃいました・・こりゃ大魚を逃したの?と少し心配でもありましたが
まぁ着いたばかり・・ちょっと腰を落ち着ける場所を探すことに。

カメラマンさんは土曜日にも関わらず4,5人程度がパラパラとで・・
よそ者ですとご挨拶をすると「ハスカワセミならあそこ」「バンとかならあそこ」色々ここの様子を丁寧に教えて下さいました!
「ヨシゴイはハスの中にも行くけれど生い茂った所で写真は撮れないのでここで出てくるの待つと良いよ」と。
カメラをセットして椅子を据えて飲み物飲んで朝食食べて・・じっくり・・なんて思ってたら
「来ましたよ~」(笑)

ygi6802.jpg
ygi6803.jpg
ygi6804.jpg

ヨシゴイは茂みの中から飛んで来てはハスの葉の上を歩いたり茎に止まって湖面から水の中を探索。
わりとギッシリ菱が湖面を覆ってるのですが瞬時にクチバシを突っ込み小魚を捕ります。
素早い素早い!!!良く見つけますよねえ・・ほとんど100%の確率で捕るんです。

先日見たササゴイもそうですが・・ゴイさん達は魚撮りの名人ですね(笑)

ygi6805.jpg
ygi6806.jpg
ygi6807.jpg

ygi6809.jpg

ヨシゴイも今子育て中なのでしょうか・・捕ってはどこかに飛んで行きまた戻ってくるの繰り返しでした。
遠くで捕る時もあるし「えっここで?」と思うほど近くに来る時もありました。

まったくのここ初心者でしたがそれなりにとっても楽しみました。
同じような写真かもですがたくさん撮ったのでまた次回もヨシゴイで(笑)






夏は涼しい所で〜ルリビタキ

rbk6757.jpg

川からお山に戻ってきました〜
冬に里で多いに僕たちを楽しませてくれるルリビタキですが夏は2000mもの涼しい所で子育て・・
羽があるって良いですねえ・・平地からここまではどのくらいの時間で飛んで来るんでしょうか。
どんなルートでこの子達は来るんだろう・・冬はどこにいた子達だろう・・
撮りながら色々考えました・・
ひとつはっきり言えるのはこの子達は高速代も¥2,000-も払ってないですねえ、やっぱり羽って良いな(笑)

rbk6751.jpg

rbk6753.jpg

rbk6754.jpg

rbk6752.jpg

この日はほんとよくルリビタキが水浴びに来ました
「いあや水浴び好きなんだなあ〜」って感心してたくらい。青いオスはどうやら複数いるようで
まだ若い♂と綺麗な♂が交互にやって来た感じでした・・
午後になるとルリビタキが来てもあまりシャッター音が聞こえなくなったくらいの頻度でした(笑)


そしてヒナもやって来てくれました・・

rbk6755.jpg

rbk6756.jpg


冬になったらちゃんと下に降りてきてまた公園で会いたいなとw

今年は残暑が長いとか・・・ちゃんと四季が巡ってくれることを願います・・・
それにしてもこの蒸し暑さ・・なんとかならない物でしょうか(泣)







喧嘩するほど仲が良い~ササゴイ その3

sgho6761.jpg

前回の続きですが親は諭すようにこのきかん坊に話しかけ・・何やら説得中

でも親の心子知らず???猛烈に反抗(笑)
sgho6762.jpg

たまり兼ねた親・・・堪忍袋の緒も切れて・・
sgho6763.jpg

「あたしゃあんたらの為に苦労して魚捕ってるんだよ!!!」

SG1.jpg

SG2.jpg


sgb6759.jpg

ササゴイは漁の名人でした・・ジーっと低い姿勢で川面を凝視してすかさず飛び込む
子だくさんだから仕方ないけどこうやって一日中漁をして・・たまには自分でも食べてるんでしょうか??

おかげで僕は凄く楽しくたくさん撮ってしまったので長々載せてしまいました。
ありがとうございました~\(^o^)/






微妙な親子関係〜ササゴイ その2

sgih6771.jpg

魚を捕って下流へ飛んでいくササゴイの後を追って・・
釣人がいるだけでカメラマンはいないのですが対岸に糞のたくさん付いたブッシュが有ったので待って見ました

しばらくするとササゴイの親鳥が餌場から戻って来ました〜
程なく覆い茂った木の中から1羽のヒナが出てきました・・・
「これから給餌なんだ〜」とそんな光景が見られるのが楽しみ!!

でも2羽は微妙な位置関係のまましばし睨みあい。
sgih6772.jpg


すると突然・・雛鳥が親に猛然と掴みかかる!!!
親もちょっとその勢いに押され気味で逃げ腰・・「こりゃ給餌じゃなくて喧嘩??」
sgih6773.jpg


雛の攻撃???は続き、右足で親の脚をガシッと掴んでなんと親鳥に噛みつき始める〜
sgih6774.jpg


「めっちゃ激しいなあ!!」と驚いた次の瞬間親の口から魚が出てきて!!!
sgih6775.jpg


こんな格好で口の中に魚を流し込んだ!!!
sgih6776.jpg

いやいや・・めっちゃ激しい給餌だったんですよ。絶対喧嘩かと思って・・
ひょっとしてササゴイじゃなくてゴイサギが来て子供が追い払ってるのかとも思って
思わず写真確認したくらいですから(笑)

これって普通の行為なのでしょうか??こうしないと飲み込んだ魚出てこないのでしょうか?
いつもこんなに激しく給餌じゃあ親も大変だなぁと(汗)




と思ったところでこんな光景が・・・

またまた餌場から子供の所へ飛んで来た親・・・
sgih6781.jpg

ブッシュの中の子供は「飯だ飯だ」と騒いでいるのでまたまた給餌の光景が・・と思いきや!!!!!!
sgih6782.jpg

「うわっあいつだぁ〜!!!」と飛んで来た親鳥きびすを返して反対方向へ飛び去りました(笑)
sgih6783.jpg

親と言えどもやっぱり苦手な子はいるのでしょうか??
とっても奇妙な親子関係を垣間見たような気がします(笑)




sgih6784.jpg

グチャグチャの写真で見にくいですが左端に親鳥、右の木の中に5羽の巣立ち雛がいます。
この上の巣にまだ巣立ち前の雛も1羽・・・こりゃ子だくさん過ぎじゃありませんか??
一生懸命絶えず魚を捕らなくては行けない理由がよくわかりました〜

頑張れよ〜







プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ