カァとは鳴きません・・・コクマルカラス

kmks8181.jpg

ここにはケリもいるしタゲリも来るし・・近くではハイチュウやいろんな猛禽も飛ぶし・・水鳥の池もあるし・・・
なかなか素敵な場所なのですがいつもメインは白いカラス見たいなあと。

それがそう簡単には会えないんですよねえ・・特に僕は(笑)
「ミヤマカラスと一緒にいるから」なんて話を聞いて探し始めてからもう何回目なのでしょうか!!!
酷いときにはミヤマカラスすらいない時もあるし・・なかなかハードルの高いコクマル探しです・・・

ミヤマカラスの群れは警戒心がとても強いので田んぼに降りていても人が来ると一斉に飛び立ちます。
そのおかげで遠くからでも居場所がわかるのですがそこに行くのにどの農道を行ったら良いのかもまた一苦労で(笑)
今回もその場に行きましたが車が通ると奥へ奥へ飛んで行きます。
遠くにコクマルのしろいやつを見つけて・・「今日も遠いなあ(笑)」

とその時助手席の同行者が「あら、真上の電線に白いのいる!!!」
そーーーっとバックして逆光から逃れて見ると・・・一羽二羽・・・車のガラス越しだとなかなか撮るのが難しいので・・・
ちょっと窓を開けて・・・と思ったらすぐ飛びました(涙)

kmks8182.jpg

でも先を追うとワンブロック先の電線に行った模様・・・今度はあらかじめ窓を開けてゆっくり近づくと・・・
いやあいました・・それも何気に数が増えてるし。しかもよく見ると白色系と黒色系が仲良く休憩中!!!

いままで気付かなかっただけかも知れませんが黒色のコクマルカラスは初見です!!

kmks8183.jpg

kmks8186.jpg

kmks8187.jpg

kmks8188.jpg

kmks8184.jpg

kmks8185.jpg


ミヤマカラスはハシブトガラスなんかに比べると一回り小さい感じですが
コクマルカラスは更にそれより一回り小さくて・・ちょっと可愛らしい感じです。
そして今回その声を初めて聞いたんですが「カァカァ」とは鳴きません
「キョンキョン」とでも言いますかちょっと甲高い犬みたいな鳴き声です
その声がとっても目立って田んぼ中に響いてました・・・
あっちからもこっちからもって感じでどのくらいの数がいたのでしょうか??

とにかくこんなたくさんのコクマルを見たのは初めてで・・わくわくしましたwカラスなんですけど(笑)










スポンサーサイト

ようやく〜ベニマシコ

bmk8201.jpg

「あっちにいたよ〜」なんて教えて下さるのですがもちろん行ったらいないに決まってます!!
いたらその人こっちに向かって来ないですからねえ・・・

実はこの写真撮った後も「ベニマシコいましたか?」って聞かれたんですけど・・・
「さっきはあの道沿いにいましたけど・・今はいません」としかお答えするしか・・・(笑)

メスは前にも会ったんですがオスがなかなか出てこなくて・・・
今回ようやく赤さが増してきたオスとのご対面。
会えて良かったですw

bmk8202.jpg

bmk8203.jpg

bmk8204.jpg

bmk8205.jpg

bmk8209.jpg


bmk8206.jpg

bmk8207.jpg

bmk8208.jpg


オスメス一緒に出したので画像が多くなりました

また夏の北海道で会いたいなw





イソヒヨドリにも会いたいと・・・イソヒヨドリ

ihd8121.jpg

イソヒヨドリは江の島辺りにはたくさんいてコンビニの軒先や民家の塀にちょこんと止まってたりして
かなり海沿いではポピュラーな鳥なのですけど
僕の住んでる東京の田舎は三番瀬に行くには往復大変な高速代がかかるし・・・
江の島に行くには下道渋滞だらけで時間がかかるし・・鳥撮りには中途半端なロケーションだなあと常々思います(笑)

なのでわりと鳥撮りはまとめてばっとすることの方が多く・・・ちょっと足を伸ばしますがそれはそれで
浮き世から離れて至福の時間なのであります。

海沿いをプラプラしてシノリガモやウミアイサを遠くに見て夕暮れが近づいて来て
「そいやあイソヒヨドリなんかいないの?」と思っていると・・・いたんですw

ihd8122.jpg

ihd8123.jpg

ihd8124.jpg

ihd8125.jpg

ihd8126.jpg

ihd8127.jpg


久しぶりにイソヒヨドリのいる海岸線・・・
昼に海鮮丼に舌鼓を打ってないで鳥撮り専念してればもっと早く来れただろうに・・
とは思いますがここに来たら外せないんですよねえ(笑)










仲の良い3羽〜ツルシギ

tsg8131.jpg

川沿いの葦の切れ目から遠くの干潟にいるタゲリを見ていると一人のカメラマンが息を弾ませながら
「ツルシギ飛んでこなかった??」
「いいえ来ませんでしたよ」
「こっち飛んで来たんだけどなぁ・・」というと葦の割れ目から岸に降りました・・・
ドロドロなのわかっていたんで「気を付けて」と言おうとしたらそのままスッテンコロリン(涙)
(余談になりますがこういう時カメラ守るんですよねえ・・・僕も北海道の雪道で転んだ経験有り・・・)

カメラマンさん泥だらけでツルシギどころの感じじゃなくなってお帰りになりましたが・・・
しばらくすると上流から歩いて来るシギ3羽・・・

ファミリーでしょうか?越冬中のとても仲の良いツルシギ達でしたw

tsg8137.jpg

tsg8132.jpg

tsg8133.jpg

tsg8134.jpg

tsg8135.jpg

tsg8136.jpg

それからしばらく仲の良いツルシギ3羽水中にクチバシを入れて夢中で餌探し・・・
眼の前を行ったり来たり。こちらのことは気にもならない様子でw
うれしい出会いでした!!


この場所は夏場も真っ黒なツルシギがいるのですが未だ近くで会ったことはないので
是非是非見て見たいなあと思います。






水鳥は楽しい〜ハシビロガモ

hbgm8121.jpg

hbgm8127.jpg

冬に渡って来るカモ達を見るのはほんと楽しい・・・
まぁ昼間は寝てる事も多いけどズーーっと見ててもほんと飽きない!!

カモ達の性格も色々でオナガガモやヒドリガモとか(カルガモもそうだけど)餌付けに慣れたのもいれば
人が来るとサーーッと逃げてしまう種類もいる。

大好きなハシビロガモはどっちかって言うと後者の方だなあとずっと思っていたけれど
とあるここの池のハシビロ達は逃げない(笑)

池の縁で待っていると餌を探しながら近づいて来ちゃうハシビロガモ・・こんな間近は初めてでした
ユニークな出で立ちですよねw

hbgm8123.jpg

男女入り乱れて(笑)水面をクルクル回りながらあのクチバシで食べ物をすくい上げてる光景はほんと面白い!!!

hbgm8122.jpg

hbgm8124.jpg

hbgm8125.jpg

ここの池に来て思ったのですがカモ達が逃げる逃げないは環境なのでしょうか?
みんなこんなおっとりしてるのはここに来る人たちがほんと優しいと言うかちゃんと鳥との距離を保っているというか。

そんな素敵な池で毎年ハクチョウもたくさん越冬に来ていたのですが今年はほとんどいませんでした。
一昨年鳥インフルエンザのハクチョウが出たと言うことで市の餌やりが中止になり・・・
コクチョウも増えないように卵を産むと偽卵に取り替えてしまうそうです。
前に行ったときはコクチョウの雛が可愛かったんですけどねえ・・・

仕方ないのでしょうが、ちょっと寂しい気もしました・・・










アイドル〜カワセミ

ksm8161.jpg

こんなところにカワセミがいるとは思いませんでした。シノリガモやイソヒヨドリを見ているとなんと岩場にカワセミ・・・
僕と同じく久しぶりに海が見たいなぁと思ったのでしょうか・・ジーーーっと佇んでいました(笑)
で、飛び込むかのように下へ・・・飛び立つ様子もなかったので急いでそこまで行ってみたのですが・・
あとは行方不明に・・・秘密の抜け穴でもあるんでしょうか???

ksm8162.jpg

そして池の畔で「トモエガモやーーーい!!」と双眼鏡を覗いていたら「キキキキ・・」とカワセミが飛んできました。
ジーーっと湖面を見てお魚探し。

ksm8163.jpg

残念ながら手前の草があって飛び込むのは見えないのですが
チャポンチャポンと飛び込んでは木に戻って休憩したり。
久しぶりに近くで見ましたw

ksm8164.jpg

ksm8165.jpg

多くの人がそうかも知れませんが近所の川でカワセミに出会ったのが鳥撮りをはじめるきっかけなんですが
初心者の頃どうもあの撮影の雰囲気にはなじめず・・いつの日か川からは遠ざかって(笑)

ということでカワセミ撮りではないのですがいればついついカメラは向けてしまいますw
なんたってどこの公園や川に行ってもカワセミはチョーアイドルですし・・やっぱり綺麗だし・・
たまのカワセミでしたw









観察好き?〜ルリビタキ

rbtk8111.jpg

探しても探してもいないときもあれば予期せぬところで出会ってしまうことも...
何時間待っても出てこないときもあれば行ったら既に飛び回ってる事もあるし...
自然相手の撮影はだから楽しいのかも知れません。

雑木林の周りに田んぼがあってその間には草ムラがあるようなその場所でしたが
田んぼには何百羽単位のカシラダカが降りていてなんとか撮影出来ないかなと考えてましたが
なにせ群れは警戒心が強く、ちょっと動いただけでも一斉に飛び立ってしまいます

少し間を取ろうと林の中に入ろうとしたときにこの子が飛び出して来ました!!
これはまさしく思っても見ない出会い・・・それも今年初めてとあっては脅かさないように慎重に・・
飛び去らないことを願うばかりでしたが。
なんとこの子は好奇心旺盛と言うか、絶対にこっちを観察してるなあって思わせるような子でしたw

rbtk8112.jpg

近くの枝に止まりカッカッっと鳴いては僕の周りを回るように次の枝へ・・

rbtk8113.jpg

僕はその場に立って360度周りながらの撮影・・・

rbtk8114.jpg

悪いやつじゃなさそうだと思ってくれたかどうかはわかりませんが
徐々に距離を詰めてきて終いには眼の前に・・・

rbtk8115.jpg

rbtk8116.jpg

そして踵を返して藪へ姿を消しました。

rbtk8117.jpg

帰り際車へ戻ろうと歩道に出て・・・ふと振り返ったら・・・
挨拶にでも来てくれたかのように遠くに彼の姿が見えました〜
嘘のようなほんとの話・・・


冬の里でのルリビタキとの出会いはまた格別ですねw









まったり〜ハマシギ

hsg8151.jpg

早朝ヤツガシラを探しに行きましたが「ダメだこりゃぁ」と早々に諦めてアメリカコハクチョウでもと近くの沼に移動。
予想通り特に変わったことはありませんでしたが珍しく風の無い静かな水辺でハマシギ達がノンビリモード。

ほとんどがカモと共に寝てましたが中には採餌している姿もちらほら。

hsg8152.jpg

hsg8153.jpg

hsg8154.jpg

hsg8155.jpg

hsg8156.jpg

ハマシギと言えば三番瀬で何千単位での群舞が目に浮かびますが・・・ここのは50羽くらいの小群。
静かな天候のせいもあるでしょうがほんとノンビリまったり・・・こっちも一緒に寝てしまいそうになるくらいでした(笑)

そうそう一回り小さいクチバシの短いトウネンも数羽・・ハマシギと一緒に越冬中でした↓

小さいシギが固まっている姿はなんか愛らしいですねw

hsg8157.jpg












白い子みっけ〜ミコアイサ

mais80121.jpg

毎年「ミコアイサが入ったよ〜」なんて聞くと会いに行きたくなるのですが
もちろん空振りの時もあってなかなか白い子には会えないことも多いです・・

が、今年はなんか白い子がとっても多い気がしました。
たまたまこの日がそうだったのかも知れませんがメスの方が全然少なくて・・・珍しいです。
ファミリーのようでしたが白い子4羽にメスが1羽とかそんな池もあったりして・・

この時期結氷する事の多い池ですがこの日は暖かく前日雨のせいもあって霧がかかった中でのスタートでしたw

mais80122.jpg

mais80123.jpg

mais80124.jpg

この池にはトモエガモもいるのですがこの日は全然姿が見えなくて
池の畔にしゃがんで双眼鏡で探していたら突然眼の前にミコアイサが浮上!!!
結構ビックリしました(笑)
全く逃げずに眼の前潜っては浮上の繰り返しで・・・
どうせならこっち向いてパタパタしてくれたら最高だったのですが・・・
おかげで頭の後ろの緑色が見えて良かったなあともw

mais80125.jpg

mais80126.jpg

mais80127.jpg

ズームレンズで良かったと思うほど近くに来てくれて・・こんな近くのミコアイサは初めてでした
この子はまだ若い個体かもしれませんね!!

広い池でも白い子は目立ちます
他のカモはほぼ寝てますがミコアイサっていつも動いてるイメージですよね


今年も大好きなミコアイサに会えました!!!

mais80128.jpg














なかなかの格好良さ〜ノスリ

nsr80131.jpg

ひろーーい田園地帯...農道に並ぶ電柱や電線に色んな鳥が止まります・・・
ミヤマカラスやムクドリが鈴なりになっていたり、田んぼからスズメやカワラヒワが飛び上がったり。
そしてチョウゲンボウやノスリが電柱に止まって当たりを見回しています。

雪山を背に電柱に止まっているノスリを見つけたので車を止めてそっと降りて見ました・・・
だいたいはすぐ飛んでしまいますがこのノスリは落ち着いたもんでしたw

nsr80132.jpg

nsr80133.jpg

そこそこ距離を詰めると飛びましたが雪山をバックに猛禽を撮ってるとなんか北海道を思い出して・・
「ああ・・オジロワシ〜オオワシ〜」今年は行けませんでしたので無性に行きたくなりました!!

またすぐ近くの電線に止まったり飛んだり・・・

nsr80134.jpg

葦原でも獲物を探してノスリが飛んでいました。

nsr80135.jpg

川の向こう岸に止まっているノスリ・・・川沿い散策して帰って来てもまだ止まってましたっけ(笑)

nsr80136.jpg

blogを見返して見たらノスリの記事は初めてでした・・
ケアシノスリはあったけどカテゴリーにもノスリがなくて。
こりゃあ記念すべき第一弾でした(笑)

流石猛禽・・なかなかの格好良さですよねw


そう言えばこの日・・・ハイチュウどころかチュウヒにも会えませんでした


















プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ