人懐っこいっていうか・・怒ってる?キビタキ

kbtk7521.jpg

写真が撮れた撮れない、写真が良い悪いはともかくとして・・・(笑)
キビタキ君の登場回数はとても多かったです。
回ったところ全てにキビタキ君がいたと言っても過言ではないです・・・が
メスにはオオルリもキビタキも一度も遭遇しませんでした。

今年は少し遅めの到着だったのかも知れませんがまだ縄張り争いも盛んで
囀る個体が少なく・・なんかみんな怖い顔してるようにも見えました
人の眼の前をサーッと飛んで行ったりものすごく近くに止まったりするんですけど
なんかこっちのことが邪魔っ気みたいな目つきにも見えます
「こいつはフレンドリーだなあ」なんて実は全然違ったりして(笑)

kbtk7522.jpg

kbtk7523.jpg

kbtk7524.jpg

kbtk7525.jpg

kbtk7526.jpg

kbtk7527.jpg

kbtk7528.jpg

kbtk7529.jpg

kbtk75210.jpg


説明も不要なのでとりとめも無く乗せてしまいましたが・・・オオルリと共にキビタキは夏鳥の代名詞
会えなきゃ会えないでめちゃ寂しく帰って来たでしょうが・・・
そんなことは無くたくさん会えて良かったですw
次回は女子にも是非会いたいものです!!!





スポンサーサイト

シャイな女子〜キビタキ

kbtf61051.jpg

コブシの実を取るのにひたすら夢中な♂に比べて♀はなんか遠慮がちに見えました!!
まぁヒタキ系の女子はみんな気が強いってのは知ってるのできっと猫をかぶっているに違い有りませんけど(笑)

写真を撮ろうにも樹の奥、枝の向こうばかりで。それも取ったらすぐにどこかに飛んで行ってしまって。
その場で食べちゃぁすぐ次の実を!!!っていう男子とはちょっと違いましたw

kbtf61053.jpg

kbtf61055.jpg

kbtf61056.jpg

kbtf61052.jpg

どうしても♂にめが行きがちですがぼくはメスも結構好きです。
餌捕りのコブシの真逆を何気に見ていたら鳥のシルエット・・・
逆光でなんだかわからなかったのですがジョウビかもと思って遠くから回り込んだら
ジョウビでは無く・・・やけに背中がオリーブ色で・・ありゃあこれなんだろうと。
キビタキの背中はカーキのイメージがあって・・・結局その場で結論は出せずでしたが
帰ってお友達に写真を見て貰ったら「キビタキ!!」
こいうのって「そうだ!!」と確信持てたときものすごく気分がスッキリしますよねえ(笑)
お友達に感謝w


可愛いキビタキ♀でした〜w




コブシの樹で〜キビタキ

kbtk61031.jpg

高原での滞在が終わって栄養補給に里に立ち寄ったキビタキに会えました。
♂が4羽♀が2羽・・「今年はたくさんいるよ〜」とうれしそうに教えてくれた爺やが「来たっ」とおっしゃたので
ファインダ覗けばメジロ・・「違いましたねえ」なんて言っているうちにやって来ましたキビタキ君!!

それからは出たり入ったり・・まだ眉半のうすい若い個体もいたり・・・
それぞれコブシの実に狙いを定めて食事に大忙し!!

kbtk61038.jpg

kbtk61033.jpg
kbtk61034.jpg
kbtk61035.jpg

kbtk61036.jpg

kbtk61037.jpg


そう言えばそこのポイントは公園の道路脇なので一般の人も通る場所。
はじめ三脚を立てていた僕、まだまだ周辺の木々には葉が茂っていてなかなか良いポイントは少なかったので
キビタキの登場に夢中になりついつい考えもせず道にまで侵入・・
幸い人は来ませんでしたが先客のCMさんに「道はあけろ」と怒られました。
ごくごく当たり前のマナー・・・他人のことは気になるけれど自分はいざとなると・・・
おおいに反省してそれからは手持ちで、ブルブル震える手で(笑)
ごめんなさい〜!!!

秋のキビタキはなんか春と違って開放感があるような・・
天真爛漫に食事をしているように見えました。
春は子育ての使命がありますからねえ!!

楽しい時間でしたw



誰の子ですか~

hn6821.jpg

高原の草原から林に入って川沿いの休憩地点に差し掛かって「さて休憩」
眼下を流れる川の流れにしばし見入っていたらキセキレイが飛んでいるのが眼に入りました・・
何羽かいましたので子育て中かぁと。その他にも鳥がちょこまかと川面に降りたりしてるのが見えました。
遠くてよくわからなかったのですが2,3羽で動き回っているのが近くの木まで来ました。
その前に同じ場所でキビタキがいたのでキビタキの子だろうと思って・・

あっという間に去って行ってしまったので取り敢えず撮って後で確認しましたがキビタキじゃなくて・・
ビンズイでも無いし・・・どうも風切の感じからするとカワラヒワ??クチバシの感じが違う??
マヒワって高原で繁殖しますか??

とまあ未だに何なのか自信を持っては言えないので・・・皆様のご考察を!!m(_ _)m

しかし夏の林・・透過光がこんな緑になるんですねえ。鳥さんの色が緑です!!!

hn6822.jpg

hn6823.jpg




久しぶりにキビタキにもちらっと会えました!!こちらはキビタキのヒナですね
お父さんは子育てが終わったのでしょう・・春のパリッとしたお父さんとは打って変わって
毛もボサボサ・・色あせて・・ご苦労様でしたって感じ・・しばしゆっくりして下さい~w

kb6824.jpg

kb6825.jpg



高原とは言え暑い夏の日・・木道を歩いて行くとリュックがあたる背中は汗びっしょり・・
肩に掛かるレンズの重みも時間が経つにつれて増していき・・
時期が悪いのか探し方が悪いのか・・・鳥影も極端に少なくノビタキもホオアカもほとんどいない寂しい状況でした。

まあそれでも色々楽しめるのが高原の良さで何より日陰には行って休憩したときの涼しさは
東京から行った者としては生き返った気分になりました~





この声が聞こえると〜キビタキ

kbtk60521.jpg

週末のお眼汚しですが・・(笑)
今年はMFに始まって高原など・・キビタキやオオルリにとてもたくさん会えてるような気がします。
流石に緑も深くなりキビタキも高い所にいることが多く「声はすれども」の事が多くなりましたが
きっとまた子育ての時期になると別の姿を見ることが出来るのかも知れません。

高原を歩き始めてキビタキの声が聞こえると思わず脚を止めます
森の中にエコーがかかってなんて良い声なのでしょう・・しばしその声に耳を傾けちゃいます。

kbtk60522.jpg

kbtk60523.jpg

kbtk60524.jpg

kbtk60525.jpg

kbtk60526.jpg

口では「もうキビタキはいいか」「オオルリはよっぽどの事が無いと撮らないな」とか・・言ってるくせに
いたら絶対撮ってますから・・初めからそんな事は言わない方が良いってもんですねえ(汗)
そんなんですからキビタキの写真は気付くと結構溜まってまして・・

声を便りに辺りを見回していたらポッと視界に入るあの黄色とか・・
歩いていたら突然眼の前の枝に止まって鳴き出したとか
見返すとその場面を思い出したりして写真一枚一枚にまた思い入れがありますね。
なのでまたまた画像が多くなりました〜(笑)

kbtk60527.jpg




眼の前の小川を鳥影が横切りました・・小川の際を止まったりピョンと跳んだり・・
ミソサザイかなと思って待って見ると枝にあがったのはキビタキ嬢でした〜
これから子育てですねw

kbfe60531.jpg






プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ