颯爽〜ハイイロチュウヒ

hc73108.jpg

遅まきながらハイイロチュウヒ、ここに行ったから随分時間が経ってしまいました。
またまたたくさん写真撮っちゃって整理もつかなくて。
記事出さずじまいになっても残念なので仕方ないのでダ〜〜っと(笑)

今回も鳥友さんに教えていただいて・・早朝ここでハイチュウ、そしてヤツガシラ撮って・・水鳥やベニマシコに会って
夕方コミミ・・・なんていう夢のようなスケジュールのはずでしたがそうは問屋が・・・(笑)
とにかく早朝この場所に行きました。まだ薄暗いうちに到着車もいないので不安でしたが・・・
ほどなく1台来ましてカメラをセットし始めたのでよっしゃここだなと(笑)僕もセットしました。
6時過ぎて日の出で段々明るくなりはじめ朝焼けで草地が染まり始めた頃・・・
右の方からバーーッっとというかなんというか「ハイチュウ〜」
飛んできて草原の上をふわ~っとひらりひらりと・・・急降下で降りました!!

hc73105.jpg

ここは狩場ということなので・・何か捉えたのでしょうか?草の中をゴソゴソ動いてこちらを見るハイイロチュウヒ
地上に降りた姿は始めてみました。

hc73106.jpg

この日の朝は風もなく穏やかな晴天・・隣のCMさんのお話だとハイチュウは風がある方がよく飛ぶと
この日のようだとすぐ降りちゃって降りると何時間も飛ばないこともよくあるとか・・
そうおっしゃってお仲間のところへ話に行かれましたが・・その途端また飛びました〜(笑)

hc73101.jpg

山を背景に餌を探しながら飛ぶ姿はなんとも言えませんw
降りては飛び降りては飛び・・・段々近くなったり・・シャッター押しまくりの撮影楽しみました〜

hc73102.jpg

hc73104.jpg

hc73103.jpg

hc73107.jpg

みなさんいかれてるのでご存知でしょうけどここは背景の電線だけがめっちゃ残念です(笑)
電線が入らないところはとっても少なくて、これはちょうど隙間に入った時の写真ですけど
殆どはハイチュウに黒い線が入ってます(T_T)
それにしてもこんな張り巡らさなくても・・・日本ですねえ(笑)

hc73109.jpg

近くを飛んでくれた時は歓声が上がるくらいですが早すぎてこれまた追うのが・・・

hc73110.jpg




上空にノスリが飛んでいるのが見えました。
草原を低空飛行してた♂がいきなり上昇して行きノスリに突っかかって行きましたw

hcnr7321.jpg

hcnr7322.jpg

hcnr7323.jpg

2羽の♂と1羽の♀がいると聞いたのですがメスは会えませんでした。
2羽のオスが一瞬絡んだ場面もありましたが遠くて僕の位置からは撮れませんでした。
途中にオオタカが降りてきたり背後ではチョウゲンボウがカップルでカラスとやりあったり
色々楽しいところでしたが・・8時すぎると陽炎がすごくて撮影してもゆらゆら・・・
ハイチュウも飛ばなくなったので(実際この後は13時まで飛ばなかったそう)
撤収してヤツガシラと思ったら「ヤツガシラ抜けた」情報があたりを駆け巡り・・・残念!!











スポンサーサイト

ドキドキ・ワクワク〜ハイイロチュウヒ

hic61201.jpg

ようやくの鳥撮り日。近隣で愛嬌を振りまく小鳥ちゃんに会いに行こうとも思ったのですが興奮で寝られず・・・
3時半にはバチッと目が覚めてしまったので会えるかどうかはわからないけれど高速に乗って遠征w
まだ夜も明け切らない言わずもしれたポイントに到着しましたがハイチュウ狙いのカメラマンさんたちは既にスタンバイ!!
一応降りては見ましたが葦の背が高くてみなさん車の屋根だったり少なくても脚立は必須のようで・・
まあこれだから猛禽狙いはハードルが高いですよねえ・・
普通ではとても撮れそうもないので離れた土手の方に行くことに・・そこにも3人ほど先客ありで・・

ようやく7時前、夜が明けてきて赤く染まりだした葦原に気球が飛んだり・・ものすごく寒い日で吐く息も真っ白。
すると遠くに飛んでいくハイイロチュウヒを発見・・遥か方の山並みを背に去っていってしまいました・・・
ああこれでオシマイ??なんて思っているとしばらくして一人のカメラマンさんが
「ずっと奥の方でハイチュウとチュウヒが絡んでる」と教えてくれました。

hic61202.jpg

遠かったですが「おおっハイチュウだぁ」って結構テンションは上がりましたがその方曰く
「向こうの葦原がねぐらであそこは飛ぶんですがなかなかこの川は渡ってくれないんですよ〜」と・・

hic61203.jpg

しばらくチュウヒとのバトルを繰り広げたあとせっかくのチャンスですからずーーとファンダーで追ってました。

するとどうでしょう・・・なんかこっちに向かって飛んで来る感じ!!!

えーーーだんだん近づいて来る〜
「こっちへ来ますよ〜」とノスリの撮影に言ってた皆さんに声掛け、皆さん慌ててポジションへ(笑)

hic61204.jpg

川渡りました〜ずっとファインダー見てるから実際の距離は定かではありませんが
どんどん大きくなっていくハイイロチュウヒは迫力満点だしめっちゃきれいでした。

hic61205.jpg

hic61206.jpg

hic61207.jpg

hic61208.jpg

家に帰って確認したら最初に去っていったハイチュウを撮ってのが6時58分で・・
それからチュウヒとのバトルがあってしばらく飛んでたけど一度葦原に入って。
再び出てきて近くを飛んでくれて湖の向こうに去ったショットが9時20分ころで・・
いろいろな期待を持たせてくれてその姿を見せてくれてなんだかんだと長いこと楽しませてくれました。
この色合いほんと綺麗でした。

このあと色々回って塒入りにもお邪魔しましたがもう薄暗くなって撮影困難なころに戻ってきたハイチュウ君は
一直線に葦原に降りてオシマイでしたw

初見ではないけれど以前のはただの豆粒で(笑)久々の鳥撮りにしてはドキドキ・ワクワクな良い日でしたw

hic9061.jpg










乱舞するも〜ハイイロチュウヒ...

haichu201.jpg

haichu202.jpg

haichu203.jpg

haichu204.jpg

haichu205.jpg

haichu206.jpg

ってなわけで(何がてなわけかわかりませんが...)先日コミミに出くわした土手の反対側の葦原です。

オオジュリンやベニマシコなんか撮りまくってそろそろ閉門も間近だし帰り支度と出口に車を進めると
なにやら猛禽らしき飛行物体が遠くに...一応車降りてそこにいらしたバーダーさんに確認したら...
「ハイチュウの塒入りだよ」と!!! あちゃあそりゃあ撮って見たいと...そちらの方角に車を走らせました。

そしたらいたいた!!!ハイイロチュウヒ....じゃなくてカメラマン...ずらり!!!(笑)
みな半端無い装備で気合い満点の様子なので、僕は遠慮がちに空いてるところへ(汗)
しかしみなさんえらく親切でいろいろレクチャー有りで!!!
「飛んだ〜」の声で一斉に響くシャッター音。その先に出ました〜ハイイロチュウヒ達!!!
雄2羽メス3羽、絡み合いながら葦原の上を滑空乱舞....めちゃ格好いい!!!しかし♂ちっちぇぇぇぇ!!!
もう少し近くには来ないもんかと...すると..「♀」と誰かの声...近くに来ました〜
そりゃあ♂の方が良かったんだけど♀でも充分の格好良さ...時折葦原の中にザバッと降りていきます。

まあ見られたのは良かったですが..それにしても猛禽撮りは難儀です。
広〜い葦原の背丈は178cmの僕の優に上ですから低空飛行だとすぐ鳥さん隠れちゃって撮れないし。
運がよきゃ近く来ますがたいていは遠いから500mmじゃあ虫くらいにしか写らないし(笑)
葦原の中の道に車を止めて車の屋根にブラインド設置してなんて人はザラ...
こんな長い三脚あるんだくらいの三脚と脚立はもう標準装備...レンズも800mmたくさんいたし。
みなさん凄いっすよねえ...(汗)

まあそんな根性も先立つものもどこにも無いので(笑)雰囲気雰囲気...
それだけは充分味わえてまたまた興奮してました(笑)


プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ