必死〜オジロワシVSオオワシ

ovo7211.jpg

ご存知のように冬の海の氷の様子は日々変化します。昨日氷がなくてカモがいっぱいいたから行ってみよう
なんて思って行くと氷がびっしりで1羽も鳥がいない・・当たるも八卦とはこの事だなぁと(笑)

漁港へ向かう途中の外海?内海かな?この日は氷が割れて水面が道路際の岸壁の方に広がっていて
遠くからホオジロガモの群れが見えたのでカメラを持ってそっと岸壁から覗いて・・なんて顔を出した瞬間
一斉に飛ばれました〜(泣)いやあ敏感です、たいしたもんですw

そんな僕の背後の電柱にはさっきからオオワシが1羽・・電線かぶりだし・・撮影もせずホオジロガモを見ていました
そのうちオオワシが飛んで頭の上を海の方へ・・そして急降下・・まさかホオジロガモ襲うの?と思ったら
氷の端から何かを掴んでまた飛び立ちました。

とそこへどこからか目ざとく獲物を見つけた1羽のオジロワシが・・・
オオワシのごちそうを失敬しようと・・・現れる
ovo7212.jpg

オオワシに急降下したオジロは飛び蹴りやら体当たりやら・・・
オオワシもひらりと攻撃を交わして・・・
ovo7213.jpg

たまらずオオワシは臨時滑走路へ着陸・・その足にはカレイがしっかり握られてましたw
ovo7214.jpg

オジロワシはなおも飛び蹴りをお見舞いするも
ovo7215.jpg

勢いあまってコケて形勢逆転・・オオワシ勝利か・・・
ovo7216.jpg

とそこへもう1羽のオジロワシがいきなり参戦・・助っ人なのか漁夫の利狙いなのか・・
ovo7218.jpg

もんどり打って海に落ちてしまったオオワシを尻目にオジロワシ魚へダッシュ!!
ovo7219.jpg

落ちたカレイをつかむと飛び立ちました〜
ovo72110.jpg

「なんてこった」と残された2羽・・追おうとするもあきらめムード・・
我関せずとのんびり泳ぐホオジロガモたちw
ovo72111.jpg

勝負あり・・・「ああぁ疲れた」としばし休憩・・・
ovo72112.jpg


この時期の漁はコマイとかチカが主だそうで(どちらも関東の僕には馴染みがありませんが)
カレイは採れても捨ててしまうらしいです。それを巡ってワシたちがたくさん集まるところもあれば
こんな偶然に見られることもあります。
こちらにしてみればワクワクするような光景で楽しいですがワシ達にとっては生きるための試練。
北海道へ来ると動物の生きていく術がとても身近に感じられます。




ところで北海道にはもちろん三脚も一脚も単焦点もズームも・・取り敢えずフルセットで行きましたが
三脚を使ったのは風蓮湖のワシ撮りの時だけでした。
車で移動しながら鳥さん見つけたら即撮影というスタイルでしたから三脚セットしてる間にみんないなくなってしまう(笑)
じっくり待つっていうのもしてみましたが何せ寒くて・・10分もすると顔が痛くなってくるし
シャッター押してても人差し指の感覚なくなってきて押してるんだか押してないんだかわからなくなるんです。
手袋もインナーとアウター2枚重ねだしカイロも忍ばせてるけど・・・
なので単焦点も今回はほぼ手持ち・・・結構鍛えられたかもしれません(笑)

それにしても地元の友人は・・帽子もかぶらず手袋もせず・・僕はスノーブーツに簡易アイゼン付けてるけど
彼はティンバーランドのブーツで僕の倍は早く歩いちゃうし(汗)いやあずーーと感心してましたよw
そのかわり東京の夏ではきっと生きていけないんでしょう(笑)







スポンサーサイト

何を語り合っているのでしょう〜オジロワシ

ojrp7281.jpg

オオワシとオジロワシどっちが好き?と聞かれるとオジロワシ・・って言ってしまう。
オオワシよりも一回りか二回り小さく色気もコントラストのきれいなオオワシと違い単色な感じ。
でもでもその表情は実に精悍で風格すら感じる。
地味な色合いのその羽根もとても美しくもちろん飛翔の姿もとても格好が良い。

でも何が好きかって・・この夫婦の出で立ちなのかなぁって思う。
オジロワシは渡ってくる個体もあるし留鳥として北海道でも繁殖するということ。
早朝夏の風蓮湖畔で霧の向こうで止まっているオジロ夫婦の姿が今でも目に焼き付いている。

番でいるオジロワシはきっとずっと道東で過ごし子孫を残しているのだと思うが
頭から方にかけて白さが増し時を刻んだ老夫婦の物語はどんなもんなんだろうと思いを馳せつつ
シャッターを押してしまうw

民家の庭先の常緑樹に老夫婦が止まっていた・・外から撮っていると除雪をしていらしたご主人が
「中入って撮っていいよ〜」と声をかけてくださった。いつもここに止まっているのだろうか
こちらの事は無視・・堂々としたもんだw

オオワシはかなり警戒心が強くすぐ飛ぶけど・・オジロワシは意外に逃げない。
ojrp7282.jpg

漁港の反対側の絶壁途中に止まっていた夫婦・・どんな眺めなんだろ
ojrp7283.jpg

岸壁に止まっていた夫婦・・「向こうまで歩いていけますよ」と友人はすたこら氷の上を歩いて行っちゃったけど
端に凍ってないところもあって・・・勇気がなくて歩けなかった・・・
友人の撮ったこの夫婦の大写しの表情が実に素敵だったw
ojrp7284.jpg

夫婦ではないけど一本の枝に3羽のオジロワシ。年代別な感じが面白いですw
ojrp7285.jpg



今回は続きがあります、よろしければclickしてご覧ください。

また会いましょう〜オジロワシと素敵な景色と...北海道

ksk6161.jpg

夏も冬も風蓮湖畔のコテージにお世話になりました。
一面凍った風蓮湖・・ワシたちが舞いエゾジカやキツネが走り回る光景が素敵でした・・
夏はこの眼の前にタンチョウが飛んで来て餌を啄む姿も見られました〜

ksk6162.jpg

そう言えば夏は毎朝オジロワシの夫婦が湖の岩に留まってました・・その時の夫婦だったりして・・
オジロワシの夫婦は仲が良さそうで微笑ましいですw
ojws62101.jpg

こりゃもう風格というか立派すぎちゃって、どうも失礼しました〜って感じでした(笑)
ojws62106.jpg

そしてヤウシュベツ川にかかる万年橋・・風蓮湖に注いでる川なのですが通る度に「おおおーー」って感動の景色

ksk6163.jpg

夏に感動したこの場所で絶対写真を撮りたかったんですよねw冬と夏の二つの風景・・

ksk6164.jpg

橋の上は駐車禁止だから少し先に止めて歩いて行くと広がる景色に感動します

そしてこちらは反対側の夏と冬・・・

ksk6165.jpg

ksk6166.jpg

なんで反対側も出したかと言えば・・・右奥の立木オジロワシ夫婦が見えた〜w
車に走って帰って望遠持ってきて、またまたにっこりw何とも言えない光景です!!

ojws62105.jpg

近くのワシ達はだいたい車から撮りました・・電柱に留まっているワシ達は案外近寄っても飛びませんが
地上付近のワシたちはやはり敏感。小鳥のように素早くは飛べないので結構遠くでも飛んで行きます。

ojws62102.jpg

良いところに止まってると思わず撮りたくなってしまいます・・
いったいワシたちの写真何枚撮ったんでしょう(笑)

ojws62104.jpg


気が付けばもう3月・・ひな祭りも終わっちゃって僕はと言えば花粉症の真っ只中(涙)
冬の北海道から帰って一月以上も経ってしまいました。
まだまだ撮った鳥さんもあるにはあるんですが・・大好きな景色と大好きなオジロワシを最後にして
ひとまず北海道シリーズ終了とします。

北海道・・僕ら関東の人間としてはもう憧れの地・・
まだ現役の身としてはそうそう長くは行けないですがお会いした方は12月から北海道にいらっしゃるとか・・
夏にも車で寝泊まりしながらもう40日なんていう方ともお知り合いになりました。
鳥も動物も景色も食べ物も・・引きつける魅力よーーくわかります。
もしそんな機会があれば冬中北海道とか・・夏中北海道とか・・一年北海道とか・・体験したい(笑)

お世話になった北海道の鳥友さん、お知り合いになったバーダーさん
色々教えてくださった宿の方々・・そしてたくさんのワシ達・・ありがとうございました。

また会いましょう〜w




追伸

ksk6167.jpg

納沙布岬から貝殻島が見えました・・その向こうに見える白い陸地は北方領土の水晶島で納沙布岬から7kmだそう。
貝殻島はこちらの陸地から3.7kmの距離で引き潮の時にしか岩礁が出てこないそうですが
そこに日本が作った灯台があります・・もちろんメンテなんてしないのでいずれ朽ち果てるんでしょうが・・
なんとなくその姿は歴史を物語るというか複雑な思いも感じられるのですが・・・

テレコン付けてぐっと引き寄せて見たら天辺にオオワシが2羽止まってましたよ!!!
こっちに帰ってくるんでしょうか・・むこうに行くんでしょうか??

ksk6168.jpg


以上




バトル番外編〜オオワシとオジロワシ

bt26101.jpg

bt26102.jpg

bt26103.jpg

bt26104.jpg

bt26105.jpg


昔から漫画をあまり読まないのでセンスがあるとは言いがたいですが(汗)

なんでもそうですが真剣になればなるほど端から見ると笑える事って結構ありますよね!!
この前も雪の日に転んだんですが・・めっちゃ痛かったんですがまず周りに人がいないか確認しちゃったりして
後で自分のその姿見られるとしたらきっと滑稽なんだろうなあと(笑)

オオワシ成鳥とオジロワシ若の餌を巡る格闘もなんかそんな感じで!!
初めはオオワシ成鳥が年の功で圧勝かと思ったんですが血気盛んな若者が巻き返して見事な逆転勝利!!
後で聞くとやっぱり怖い物知らずの若は強いそうで・・

もうひとつおかしいのは3枚目の写真で格闘してる横でまんまと餌を食ってるカラス(笑)
喧嘩してる場合じゃないっすよ〜と思わず・・
昨日の写真もそうですが回りにいる他のワシたちもしれーーっとしてますし・・
ときどき岸辺からキタキツネも横取りに来たりするんですよ(笑)
見てる方は楽しい時間ですw




三景...オジロワシ

3ojir6121.jpg

3ojir6122.jpg

北海道に入った翌日はそれこそ車も埋まってしまうような大雪で一日ホテルに缶詰になったけれど
それ以降は時折吹雪に遭遇することはあっても基本的に晴天続きでした・・

そぼ降る雪の中にたたずむワシ・・なんて結構撮ってみたかったけれど幸か不幸かそんなチャンスが
あまりありませんでした。唯一羅臼に行ったとき港で撮ったこのオジロワシだけかもしれません!!

3ojir6123.jpg

3ojir6124.jpg

根室浜松漁港の裏手の崖沿い・・シロハヤブサはいねぇかぁ・・・と探してたときに急傾斜にいたオジロです
いやあ一目見たその時に良い光景だなあ(笑)


3ojir6125.jpg

3ojir6126.jpg

嵐の翌日の晴天・・北海道に来て最初に見たオジロワシ・・
凍った沼を見下ろせる歩道の向こうにいました・・1羽そしてその奥にも1羽・・
雪が積もって歩けないとは言え左は歩道ですよ(笑)
カメラの設定いじってる隙に飛んで凍った沼に舞い降りてました。

初対面の冬のオジロワシ・・それにしても格好いいです!!









プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ