オロロン鳥~ウミガラス

ugs56611.jpg

ウミガラスです、ハシブトウミガラスって言うのもいるらしい!!
国内希少野生動植物種、絶滅危惧種、オロロンと鳴くことからオロロン鳥って言われるそうです。
潜水して魚を捕るそうですが平気で50mくらい潜るそうです。
羽は短くてスマートで潜るのに適してるんですねえ。
岩礁に立ってる姿は白いお腹も相まってカラスと言うよりペンギンらしいです!!

やはりこの鳥も昔はたくさん繁殖してたらしいのですがどんどんその数を減らして今はほんと少数らしいです。
あまり海鳥の知識がない僕でしたので会ってしまうとそんなもんかと思ってましたが
帰ってから色々見てみるとその貴重さに驚くばかり・・
数を減らした要因も一つや二つではないのでほんと難しいんですね・・
この鳥も日本で見られなくならないよう祈るばかりです!!


遠くで潜水する直前のウミガラスをガイドさんが見つけ教えてくれました。
あまり良くは撮れませんでしたが初めおぼれてるのかと(笑)
ugs56614.jpg

ugs56612.jpg

ugs56613.jpg

潜ってしばらく姿を消しましたがそれが突然船の横に浮上して併走しました。
向こうも「ありゃあ船のそばだぁ」って感じなのでしょかねえw
その後パタパタ等したり結構面白かったのですが船が揺れちゃって写真は没でした(汗)
短時間ですがまたまた良い物に出会えましたw

これで落石ネイチャークルーズの海鳥はお終いです。
ウミウやヒメウはたくさんいましたがどれも遠くて霧で・・
チシマウガラスって言う国内希少野生動植物種もいるそうですがこの日はいてもわからなかったでしょうw

海鳥って年に何度か茨城の海岸に足を運びますが遠くて遠くてスコープが欲しいといつも思います。
船に乗らなければこんなに見ることが出来ない海鳥たち・・とっても楽しい体験でした!!
ここに来たときには絶対にまた乗りたいです~w


スポンサーサイト
プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ