仲の良い3羽〜ツルシギ

tsg8131.jpg

川沿いの葦の切れ目から遠くの干潟にいるタゲリを見ていると一人のカメラマンが息を弾ませながら
「ツルシギ飛んでこなかった??」
「いいえ来ませんでしたよ」
「こっち飛んで来たんだけどなぁ・・」というと葦の割れ目から岸に降りました・・・
ドロドロなのわかっていたんで「気を付けて」と言おうとしたらそのままスッテンコロリン(涙)
(余談になりますがこういう時カメラ守るんですよねえ・・・僕も北海道の雪道で転んだ経験有り・・・)

カメラマンさん泥だらけでツルシギどころの感じじゃなくなってお帰りになりましたが・・・
しばらくすると上流から歩いて来るシギ3羽・・・

ファミリーでしょうか?越冬中のとても仲の良いツルシギ達でしたw

tsg8137.jpg

tsg8132.jpg

tsg8133.jpg

tsg8134.jpg

tsg8135.jpg

tsg8136.jpg

それからしばらく仲の良いツルシギ3羽水中にクチバシを入れて夢中で餌探し・・・
眼の前を行ったり来たり。こちらのことは気にもならない様子でw
うれしい出会いでした!!


この場所は夏場も真っ黒なツルシギがいるのですが未だ近くで会ったことはないので
是非是非見て見たいなあと思います。






スポンサーサイト

まったり〜ハマシギ

hsg8151.jpg

早朝ヤツガシラを探しに行きましたが「ダメだこりゃぁ」と早々に諦めてアメリカコハクチョウでもと近くの沼に移動。
予想通り特に変わったことはありませんでしたが珍しく風の無い静かな水辺でハマシギ達がノンビリモード。

ほとんどがカモと共に寝てましたが中には採餌している姿もちらほら。

hsg8152.jpg

hsg8153.jpg

hsg8154.jpg

hsg8155.jpg

hsg8156.jpg

ハマシギと言えば三番瀬で何千単位での群舞が目に浮かびますが・・・ここのは50羽くらいの小群。
静かな天候のせいもあるでしょうがほんとノンビリまったり・・・こっちも一緒に寝てしまいそうになるくらいでした(笑)

そうそう一回り小さいクチバシの短いトウネンも数羽・・ハマシギと一緒に越冬中でした↓

小さいシギが固まっている姿はなんか愛らしいですねw

hsg8157.jpg












いつも可愛らしく〜ハマシギ

夏鳥の季節になってきました。続々とUPされる皆さんの写真をいつも見ています
仕事も忙しく合間には桜撮りに夢中でしたのでなかなか鳥さんまで手が回らず
在庫も尽きてしまいました(笑)

今日は先日干潟でのハマシギと北海道極寒のハマシギをUPしますw

hsg7471.jpg

フェンスの手前で寝ているハマシギの群れがいました・・・
みんな段々と夏羽になっている様でお腹が黒くなって来ていました

潮が満ちてくると徐々に群れは飛び出してあちこちに移動
この潮干狩りのフェンスの向こうに行かれるとこちらは檻の中にいるような気分です(笑)

hsg7472.jpg

hsg7473.jpg

hsg7474.jpg

いつもいつも思うのですが寝ているのに突然一斉に飛び立つのはだれの合図なのでしょう?
ファインダーを覗いているとビックリします。その羽音もまた迫力がありますね

ほぼ夏羽になった個体がこっちへ近づいて来ました・・ハマシギは警戒心が薄いですね
なので可愛い姿を間近に出来ますw

hsg7475.jpg




北海道のどこの浜か・・・今言えと言われてもわかりません(汗)
しんしんと雪が降り出し何もいないので撤退しようと思ったら友人がハマシギを見つけました。
この友人、大のシギチフリークなので「撮ってきます〜」とラッセルしながら向こうへ行っちゃいました。

実はこの写真の右側には雪の中で這いつくばってハマシギを超至近距離で撮っている友人がいます(笑)
それを見ながらちょっと羨ましかったけど・・「あそこまでは機材担いで無理だな」と・・・

hsg7476.jpg

hsg7477.jpg

とするとそのハマシギの小軍団・・・こちらに歩いてきてくれました。
なんか仲間同士とっても仲の良い感じがして気持ちだけはとっても暖まりましたが・・・
実際はめっちゃ寒いのです(笑)

hsg7478.jpg


北海道で越冬するハマシギ・・寒いだろうなあと
もうちょっと頑張って南の干潟にくれば良いのになんて思いつつ・・・w

可愛いですねハマシギ達







今年もやって来た〜オオソリハシシギ

skr7411.jpg

桜開花宣言からもう何日たったでしょう?
うちも一応東京なのですが都心に比べたら遅い開花・・ようやく満開を迎えました。
日本人の典型的な行動かも知れませんがどうも桜が咲くとじっとしていられない??
「見に行かなきゃ見に行かなきゃ、さくらさくら」冬眠から醒めるみたいなもんなのでしょうか?
冬の間がらんとしていた公園にもうじゃうじゃ人が溢れてきます(笑)

ところが満開間近でこの天気の悪さ・・・お天気の神様は非情ですね・・
時間と天気と睨めっこしながらこの時期だけは望遠レンズは防湿庫に留守番させて花撮りです。

近所の川の桜風景です・・きっとご存じの方も多いかも知れません。
目黒川にもひけを取らない綺麗さだと思いますがこちらは人も少なくノンビリと写真が撮れますw




と言うわけでこちらのblogでの余談はさておいて、先日の臨海公園の前に行った干潟・・・
到着したときはまだ少し潮が引いていたのでハマシギの群れがいてそれを撮っていたんですが
潮干狩りのフェンス越しにオオソリハシシギを発見しました・・
フェンス越しのせいもあるのかそれほど逃げる様子も無くハマシギやダイゼンの中で採餌していました。
オーストラリアからやってきたのでしょうか?
そう思うと遠路はるばる思わず「お帰り〜」と言いたくなります。

oshs7431.jpg

oshs7432.jpg

oshs7433.jpg

oshs7434.jpg

oshs7435.jpg

やがて潮が満ちてくると一斉に飛んでハマシギはどこかに行ってしまい
オオソリは遠くの杭の上で休憩に入りました。

これは完全な夏羽と言って良いんでしょうか?
昨年は冬羽の個体もいましたが今年の初見は夏羽の2羽。
お話を聞くとその前日に入ったそうで・・日に日に数は増えていくだろうと。

これから春の渡りが本格化するのでまた行きたいなとは思うのですが
この干潟は潮干狩りも始まって・・どういうタイミングで行ったら良いのかよくわかりません(笑)








干潟の反対側で〜シロチドリ

std60421.jpg

オオソリハシとかミヤコドリとか・・降りて来たシギ達を撮っていてふと後ろを振り返ったらちょこまかと歩いていたやつ。
コチドリかぁなんて思って撮ってたらなにやら違うなぁ(笑)

胸の黒いラインが繋がってないのはシロチドリ・・・でしたよねえw思い出しました!!!
もちろん初見でしたw
とは言うもののシギチ若葉マークとしては今ひとつ自信はないので・・・間違ってたら教えて下さい!!w


std60422.jpg

std60423.jpg

std60424.jpg

std60425.jpg


ようやく涼しくなったかと思うとまた暑くなり・・・そうこうしてるうちに明日から10月・・・
はやく安定した秋晴れの登場を願いたい今日この頃・・・
ぼくは忙しさもアリちょっと体調不良ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
皆様のblogもいつも読み逃げで大変申し訳ございません!!


鳥見も行けませんので春の干潟であった鳥さん・・タイミングでUP出来なかった物引っ張り出しましたw
三脚背負って先回りしようと思うのですがこれがなかなかの猛スピードで歩くので
ヒーヒー言いながら撮りました(笑)
一羽がカニ捕ると他のがそれ奪おうと追っかけたり面白かったですw













プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ