感動して鳥肌立ちました〜ニホンカモシカ

nksk7701.jpg

小さい渓流沿いは両脇が急な山肌です・・・時折雨の降る絶好の鳥撮り日和でしたが(泣)
せっかく来たからとレインカバーを付けて木の下で雨を避けながら・・・
「そう言えば山ヒルとかいるんじゃ?」と不安になっていた時・・・沢の斜面を動く影を見つけました?
もちろん鳥じゃないのはすぐわかりましたが・・・「サル??」まぁありえますよね!!
でも草の影から見える姿ちょっと違う・・・「イノシシ??」「ちょっとやばいんじゃ?」「大丈夫?」
しばらく見守っているとかなり降りて来て沢に近づいて姿をあらわしたとき
「え?ニホンカモシカ???」「ですよですよ」「特別天然記念物」

nksk7702.jpg

沢まで降りて来て5mほど沢を歩くとこちらサイドに上がってきました〜
「こっち来ちゃったよ〜」
そして僕と鳥友さんのいる小路を背を向けて少し歩くと反対側の急斜面を意図も簡単にすーーと登って行きました!!

nksk7703.jpg

ニホンカモシカはおとなしいと聞きました。でもでもめっちゃ近いんです距離が・・・
驚かすことのないようにあまり動かず見守ることに。
草を食べながらゆったりゆったり歩を進めます・・・当然こちらの存在は確認していますが気にとめる様子もなく
なんか貫禄さえ感じました・・・そして圧倒的な存在感・・・

nksk7704.jpg

その出会いにめっちゃ感動して鳥肌立ちましたが・・・長いレンズしか無いのがとっても残念・・・
小鳥とは比べものにならぬ大きさですが(笑)当然全てトリミングのしようが無い写真(笑)
コンデジも車に置いて来ちゃったし・・スマホすら電波が通じないので車の中・・・
ほぼ顔しか撮れなかったのが少し残念です・・・

nksk7706.jpg

カモシカってシカではなく牛の仲間なのですね・・・だから朝晩食事をすると後はどこかで反芻するので休憩しているそう。
あと角には一年に一度生え替わるので年輪が出来るとかで・・
このカモシカさんはざっとみて8本くらいの年輪が見られるので立派な成獣なんですね。
オスよりメスの方が大きいらしいのですが・・何せ初めて見るし比べようも無いので性別はわかりませんw

nksk7705.jpg






毎日暑いねえ・・・しか挨拶の言葉がない7月ですが・・休日もクーラーかけちゃうと外へ出る気がなくなり
撮影も行かなくなると「まぁまた今度でいっか」なんてなっちゃったり。
しかしこれじゃあ夏バテになること必至・・・
たまには出かけようと鳥友さん誘って涼しい山へ・・・取り敢えず寒いくらいに涼しいのは良かったんですが
視界ほぼゼロの霧の中・・・オマケに雨も降ってきて鳥影なし(泣)
出かけるのがうれしくて考えて見たら天気予報なんか見てなかった・・当然晴れだろうって(笑)

めっちゃ早起きしてったのになんたる日だ・・と泣けましたが・・早めの決断
その場から撤収して「帰るのも寂しいからもう一カ所いってみますか?」

そしたらこんな事がおきました・・・・
良い事ってあるんだなと・・・結局はその後も天気は悪かったですが鳥撮りも出来て。
早く帰るどころか・・中央道の大渋滞に最後は出会っての帰宅でした(笑)









スポンサーサイト

モコモコ〜キタキツネ

kkn7181.jpg

鳥さん一回おやすみでキタキツネをUPします。

いつも言いますが北海道は色々な動物がとても人の身近で生活しています。
そこにキタキツネやシカがいても誰も気にしないと言うか・・まぁごく当たり前の風景なのでしょう。
遠くの雪原をトボトボ歩いて行くキタキツネを見ると思わず頑張れ〜とか言いたくなるし
既にカップルになったキタキツネもいたりして・・子供がまた可愛いいんですw

でもでも、夏にキタキツネがアオジをくわえてるのも見たし・・今回もオオワシに食べられてるキタキツネも見ちゃったし
彼らが生きていくも厳しさも見ることが出来ます。

海辺で見たカップル・・じゃれ合ってて可愛かったですよ。
こっち向くシャッターチャンスをじっと待ってたら友達が「試しに呼んでみてください」って言うので
「おーーい」って言ったらこっち向いてくれました。好奇心旺盛なんですねw
kkn7182.jpg

kkn7183.jpg

kkn7184.jpg

友人宅の沢沿いに付いた足跡・・・どこまで歩いていくんでしょうか??
kkn7185.jpg

雪原で無防備に寝ているキタキツカップルを発見・・・体の下が埋まるくらい雪を掘ってそこに寝るんですね・・・
これで寒さしのげるのでしょうか?

kkn7187.jpg

kkn7186.jpg

kkn7188.jpg

だいたいは人の姿に遠ざかっていきますが中には妙に人なれした個体もいました
一度は車から降りて写真を撮って振り向いたら足元にいました・・・

きっと無責任な観光客になんか貰っちゃったんだろうなあ。
不幸な子を増やしちゃいけませんよね・・・自然は自然で・・・犬じゃないんだからね。

でもでも可愛いのは事実で・・・「あの肉球臭いんかなぁ??」なんて思いつつ・・・

いい夢見ろよ〜w








ふかふか〜キタキツネ

kkn6111.jpg

kkn6112.jpg

kkn6116.jpg

突然岸から走ってきたキタキツネがワシ達の餌を食べ始めて・・
見ていたオジロワシ・・食べ終わるまでジーーっと。
争う事も無くキタキツネはひとしきり食べ終わると去って行きましたが・・なんか見事な共存!!!
kkn6114.jpg


瞑想中・・・何を思っているんでしょう・・・

kkn6115.jpg



夏に会ったキタキツネとはかなり印象が違って冬毛のキタキツネはもっこりしてて可愛いw
農家の軒先に飼われている柴犬などの日本犬と大差無い印象です。

鹿ほどじゃありませんが遭遇する確率は高くてふっと眼の前を横切ったり、妙に人慣れして
何かを求めて寄ってくる個体もいます・・・
凍った湖の上を右から左へトボトボと横切っているのを見ると厳冬の中生きていく厳しさも感じられたりして
ついつい寄ってくると犬と同じに(^_^)ノ""""ヨシヨシとしてあげたくなりますが・・そこは野生
こちらも心鬼にして無視しなくちゃなりませんねw




ごまちゃん〜ゴマフアザラシ

ars6221.jpg

鳥さんじゃないのですが見たかった動物の一つ・・ごまちゃんですねw
動物園以外で見ると感動します(笑)
都会でも何年か前に出没して大騒ぎになりましたが・・やっぱり実際みると可愛かった〜

カモウォッチングに漁港へ行くと時々顔が見えます
大抵はすぐ潜ってなかなか出てこないしカモより潜水距離長いからどこに出てくるか・・


ars6222.jpg

ほとんど凍った漁港の氷の上にいたんですが始め全然気付きませんでした。
氷がぶつかる音がしたのでそちらに眼を向けたら・・動く物発見!!「あざらし〜っ!!」
お昼寝タイムなのでしょうほとんど動かず、でも時折気にしてこちらを見たりw
逃げることも無くずーーっとそこで寛いでましたwまだ若い子のようで白さが残って可愛かった〜w
ars6223.jpg




ちょっと話は変わりますがカモや鳥を探しながら半島を歩いていると遠くに漁船が見えましたが・・
「あれ〜〜飛んでない???」
ファインダー覗くと・・・やっぱり飛んでます。「スターウォーズだぁ!!」

ars6224.jpg

ここはこういう現象が起きるそうです。ずーっと見回すと森が浮いてたり家が浮いてたり・・
異空間が広がっていて面白かったです!!
そしてずっとパンしたら氷の上にまたアザラシ発見・・写ってないですが全部で10頭ほど
お昼寝中でしたw

ars6225.jpg






エゾジカもたくさん〜

ezk5621.jpg

ezk5622.jpg

ezk5623.jpg

ezk5624.jpg

ezk5625.jpg

ezk5626.jpg


とにかくエゾジカはたくさんいます。それも人にめちゃ近い!!
キタキツネほど人に寄ってこようとはしませんがそれでも逃げない個体はほんと逃げません。

北海道素人としては行く前に「やっぱりエゾジカに会いたいなあ」と思ってました!!
稚内で夕方「ノシャップ岬」に行こうと車を走らせていてメイン通りに入るのを間違えて
海沿いの生活道路に入ってトロトロ行く途中草地で食事中の一頭のオス鹿に会ったのが最初の出会い。

レンタカーを借りるときも鹿に対する注意事項が結構ありましたが
早朝には国道をビュンビュン鹿が横切るから停車することもしばしば!!
衝突したら大変な事になるし一日中嫌な気分で過ごさなくてはなりませんし、とにかく安全運転で。

走古丹や野付半島へ行くとほんとたくさんの鹿が走り回っていましたし
市民の森で観察していたら眼の前から鹿が飛び出して来てビックリ仰天もしました!!

冬はまた違った生態が見られるそうで・・それもまた迫力があるでしょうね。



プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ