呆然...マガンの塒入り

mgni51201.jpg

ガン達が飛び立った後は沼沿いで小鳥たちと戯れたり他の沼にカモを見に行ったり
田んぼで戻ってきたガンや一日中食事中のハクチョウを見たり・・あっという間に夕方になりました。
「あれ、昼飯何食べたっけ??」って今ふと思いましたがコンビニでした(笑)

3時半過ぎに飛び立ち観察のポイントに戻って見るとすでに田んぼにはたくさんのガン達が降りていて
それでも充分騒々しいのですが・・

湖のカモを見ていたら背後から何かの音が聞こえそれが瞬く間のうちに沸き上がってくる感じなのです
5.1chサラウンドの様な高まりで「なんじゃぁ」と振り向くと
山の向こうから黒い物体が波を打ってこっちへ向かって来るんです。
思わず「うぉーー」って声が出ちゃうんですよ(笑)

mgni51202.jpg
mgni51203.jpg

その群れというか大群というか田んぼへどんどん降りてきます。
塒入り前の立ち寄り組なんだそうです・・

mgni51204.jpg

そして辺りが赤く焼け始める頃、再びその轟音が聞こえてきます。
収まるとまた、収まるとまた・・それぞれの餌場に散っていったガンたちはどこで集結するのでしょうか?
羽音と鳴き声・・ほんとものすごいんです・・それしか言いようがありません!!
沼の上空で旋回して一気に着水です・・これがまた凄い・・水面が見る見る黒くなっていきます。

mgni51205.jpg
mgni51206.jpg

夕日が沈む頃空は静かになります・・1日の終わりなんですね。

mgni51207.jpg


この日は日の出から日の入りまでガンと一緒に過ごした感じ。鳥さんになった気分でした・・w
飛び立ちも塒入りも写真にすると同じようなもんなのですが・・
僕的には塒入りの方がインパクトが大!! 唖然、呆然、愕然そんな1日だったかなぁ

未だ見ぬ世界・・たくさんあるんだなあ





スポンサーサイト

絶句...マガン飛び立ち

mgtd51201.jpg

宮城の伊豆沼まで車を走らせてみました・・・が天気最悪・・予報は二日間とも雨
でも観察会を予約してあって「雨でも開催いたします」とわざわさご連絡もいただいたので
雨具等バッチリ用意して東北道を北上・・

雨なら少し北上して中尊寺でも見学とか思ったんですがとんでもない降り方・・
サンクチュアリセンターなど見学しつつ情報を聞いて回りの田んぼを見回り。
雨の中でもマガンや白鳥達は田んぼで餌捕りの様子w
翌日もきっと雨だろうと宿に入ったのですが・・・天気予報が刻々と変わっていって
なんと「明日は晴れだ〜」




てなわけで翌朝は晴れました〜だれの行いが良いんだか(笑)

この日の日の出は6;45くらいだそうですが6時受付時間、空が少し青くなってきた頃から
既に沼の上空マガンが飛び始めてるではありませんか・・
皆さん揃ったところでバスに乗ってポイントへ連れていっていただきました・・

その途端・・と言うかそれからしばらくもう絶句・・それしかありませんでした。
誰が合図するのか知りませんが・・真っ黒に見えた湖面から一斉に飛び立つんです。
もうその音と行ったら・・・羽音と鳴き声と10万羽が一斉に飛び立つのですから、もう轟音です!!
想像を絶しました・・とにかくなんか写真でも撮らないとと思いシャッターを押しましたが・・
なんかそれどころじゃ無い感じ・・こんな光景があったんですねえ。

mgtd51202.jpg

mgtd51203.jpg

そしてやがて太陽が顔を出しましたがその頃にはほとんどのガンたちは飛び立っていました。
実は日の出と共に飛び立つマガンの観察は11月が一番で12月少し時期が遅いそうです。
というのは餌場が段々と遠くなっていくので餌場までの時間がかかるので飛び立ちが早くなるそうです。
そんな事ほんとよくわかりますよねえマガン達!!

mgtd51204.jpg

轟音とともに飛び去っていくマガン達は頭の上をガンガン飛んで行きますw
そしてひが登っていくと今度は白鳥達の出番・・マガンの去った湖面を白鳥達が飛びますw

mgtd51205.jpg

mgtd51206.jpg


取り敢えず写真も整理できてないのですが感動が薄れないうちにマガンの飛び立ちをUPしてみました〜
考えたらあんまりマガンのUPとか撮ってないんです(笑)
美味く言えないのですがなんかマガンにあったうれしさと共にまた別の感動があった感じで・・

mgtd51207.jpg


レンジャーさんのお話でこういう日は10時頃になると田んぼに戻ってくるガンたちも多いので観察してみると良い
と言うことなのでこうなったら塒入りまで居ようと・・

またUPします〜wお付き合い下さいw






僕は白鳥なんです〜マガン...

mgn41207.jpg

ちょうど到着したコハクチョウファミリーが沼を泳ぎ出して眼の前を通過していきました
するとその向こうに1羽見慣れぬ鳥さんが・・・隣の方が「マガンですよねえ??」と
実際に見るのは初めてでしたがマガンに間違いない。

やがて沼を一周して右端に到着するとコハクチョウは鳴き声の合図と共に水面を走り出しました。
するとどうでしょう!!先頭を切って飛び出したのはあのマガンですw
TakeOffして眼の前を横切って行くファミリーと共にマガンさん飛んで行きます・・

mgn41202.jpg


餌場へ飛んで行ったのでしょうかしばらくしてファミリーがまた南の空から戻ってきました。
沼の上空をくるりと一周して着陸態勢に!!
するとまたマガンさん・・一緒に降りてきました。

mgn41203.jpg

mgn41204.jpg
mgn41205.jpg

mgn41206.jpg

なんか楽しくてずっと見てたんですが(クビワキンクロも見失わないように・・これが大変(笑))
どうやらこのマガンはこのハクチョウファミリーとずっと行動を共にしてるようでした。

地元の人のお話では去年はシジュウカラガンがやはりハクチョウと行動を共にしていたそうです。
シベリアでの子育ての時、天敵から子を守ろうとして命を落とす親は少なくないそうです。
その時そばにいたハクチョウがガンの子供を育てることも良くあることだそうで(もちろんその逆も)
そう言えば鳥って生まれて最初に見た物を親だと思う習性があるんでしたね。
そんな事を考えながらこの一団を見てたらとても優しい気持ちになりました。

帰ってから調べたらどうやらこのマガンは成鳥らしいです
ひょっとしたらこのマガンがこのハクチョウ達を育てたんだったりして。
そう思ったらまた行きたくなりました(笑)

mgn41201.jpg

こうやって、もう少ししたらみんなで北へ帰って行くんですね
どうぞご無事に!!




プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ