右向いて左向いてダーーーッ〜サシバ

ssb7561.jpg

サシバの観察には少し時期が遅かったのかもしれません。
昨年出会ったところには現れず・・・今年は会えないかなと思っていました。

カメラを片付けてキビタキのところへ向かう途中いかにもサシバの良そうな谷戸の農道を通りました・・・
すると鳥友さん「あれなに?」と・・・運転席側の農家の木に止まっている・・・
サシバではありませんか!!!鳥友さんすかさず木止まり撮影!!!
僕・・・カメラトランク(泣)そっと降りてカメラ用意・・「飛びました!!!」・・がくっ〜〜

やっぱりこういう時は手持ちも常に持っておかなくては・・・といつも思うのですが(笑)

しばらくすると上空に2羽猛禽。双眼鏡で覗くまもなく「ピックイ〜」
降りては来ず上昇気流に乗って上へ上へ・・・青空に消えていきました。

「行きますか〜」と言われましたが諦めきれず・・・その場に降ろして貰ってしばらく粘ってみることに。

農道を歩きながら・・・するとまた鳴き声・・・見渡すと林の上に一羽見つけましたが・・遠い遠い・・・
水の入った田んぼのお父さんに・・「サシバ?」なんて聞かれて・・・・「その変に出てくっから」って(笑)

30分か1時間か・・・時は経って・・すると農家の裏手の林に飛んでくるもの発見そして止まる・・・
双眼鏡で見たら「サシバのさっちゃん!!」
また走りましたよ・・・近づきすぎないところまで・・今思うともう少し寄れたかなあ(笑)

ssb7562.jpg

ssb7563.jpg

ssb7564.jpg

ssb7565.jpg

ssb7566.jpg

サシバは5分くらいじっと止まったまま時に毛繕いしたり・・時に下を見て獲物を探すそぶりを見せて・・・
なんとか飛び出しは撮っておきたいと・・・ファインダー覗きっぱなしで(笑)

飛んだ後はまた上空へ行って山を越えてしまいました。
ファインダーで見ていると眉半が白く見えたので♀?と思いましたが
こうやって見るとそうでも無いような・・・

絵的には後ろが林でサシバが保護色ですが(笑)
とにかく今年も一瞬でも会えたのでうれしかったです〜w








スポンサーサイト

空気一変〜フクロウ

huku7533.jpg

高原の湿地にはノビタキやホオアカも入ったという話を聞いていたのですが早朝ここを通ったときには
姿を見せてくれませんでした・・

せっかくだからひと目みて帰りたいと夕方またノビタキのポイントまで戻りました・・
すると左手奥にノビタキいましたが・・・とーーーーーおい!!!豆粒でした・・・
左から右へ180度パンしていくと「おぉっ、また来たか」と木に止まったのはホオアカでした・・・
もう少し近くへ来ないかなぁと思っていると

「あれっひょっとしてフクロウじゃ???」の声が・・・「肉眼でも見えるよ〜白樺の上」
確認してファインダー覗くと・・・いたんですよ白樺の枝にとまるフクロウ・・・

湿地と道の間には林があるのでなかなか抜けるところはないのですが
もう少し近くで開いているところはないかなと・・・
こんな時は疲れも忘れて大砲背負って走っちゃうんですから・・・怖いですねえ(笑)

huku7531.jpg

huku7536.jpg

途中開いているところがあってそこから止まっているフクロウが見えました・・
いやあフクロウって何なんでしょうか?見つけるとなんか場の空気が変わってしまうような。
コミミでもアオバズクでもそうだけどなんか神聖な空気になっちゃうって言うか・・
僕だけでしょうかねえ・・(笑)

もう一歩先へなんて思ったら後ろ向きに飛んでしまいました・・
何枚かの連続ショットがありましたけど顔は写って無かった〜残念!!
すぐ下に降りたような気がしたので探して見ましたが・・当然見当たらず・・・

huku7534.jpg




huku7535.jpg

最初に見たときのノートリの写真ですが・・・白樺に止まるフクロウが真っ白に見えて。
感動の一瞬ショットですw










颯爽〜ハイイロチュウヒ

hc73108.jpg

遅まきながらハイイロチュウヒ、ここに行ったから随分時間が経ってしまいました。
またまたたくさん写真撮っちゃって整理もつかなくて。
記事出さずじまいになっても残念なので仕方ないのでダ〜〜っと(笑)

今回も鳥友さんに教えていただいて・・早朝ここでハイチュウ、そしてヤツガシラ撮って・・水鳥やベニマシコに会って
夕方コミミ・・・なんていう夢のようなスケジュールのはずでしたがそうは問屋が・・・(笑)
とにかく早朝この場所に行きました。まだ薄暗いうちに到着車もいないので不安でしたが・・・
ほどなく1台来ましてカメラをセットし始めたのでよっしゃここだなと(笑)僕もセットしました。
6時過ぎて日の出で段々明るくなりはじめ朝焼けで草地が染まり始めた頃・・・
右の方からバーーッっとというかなんというか「ハイチュウ〜」
飛んできて草原の上をふわ~っとひらりひらりと・・・急降下で降りました!!

hc73105.jpg

ここは狩場ということなので・・何か捉えたのでしょうか?草の中をゴソゴソ動いてこちらを見るハイイロチュウヒ
地上に降りた姿は始めてみました。

hc73106.jpg

この日の朝は風もなく穏やかな晴天・・隣のCMさんのお話だとハイチュウは風がある方がよく飛ぶと
この日のようだとすぐ降りちゃって降りると何時間も飛ばないこともよくあるとか・・
そうおっしゃってお仲間のところへ話に行かれましたが・・その途端また飛びました〜(笑)

hc73101.jpg

山を背景に餌を探しながら飛ぶ姿はなんとも言えませんw
降りては飛び降りては飛び・・・段々近くなったり・・シャッター押しまくりの撮影楽しみました〜

hc73102.jpg

hc73104.jpg

hc73103.jpg

hc73107.jpg

みなさんいかれてるのでご存知でしょうけどここは背景の電線だけがめっちゃ残念です(笑)
電線が入らないところはとっても少なくて、これはちょうど隙間に入った時の写真ですけど
殆どはハイチュウに黒い線が入ってます(T_T)
それにしてもこんな張り巡らさなくても・・・日本ですねえ(笑)

hc73109.jpg

近くを飛んでくれた時は歓声が上がるくらいですが早すぎてこれまた追うのが・・・

hc73110.jpg




上空にノスリが飛んでいるのが見えました。
草原を低空飛行してた♂がいきなり上昇して行きノスリに突っかかって行きましたw

hcnr7321.jpg

hcnr7322.jpg

hcnr7323.jpg

2羽の♂と1羽の♀がいると聞いたのですがメスは会えませんでした。
2羽のオスが一瞬絡んだ場面もありましたが遠くて僕の位置からは撮れませんでした。
途中にオオタカが降りてきたり背後ではチョウゲンボウがカップルでカラスとやりあったり
色々楽しいところでしたが・・8時すぎると陽炎がすごくて撮影してもゆらゆら・・・
ハイチュウも飛ばなくなったので(実際この後は13時まで飛ばなかったそう)
撤収してヤツガシラと思ったら「ヤツガシラ抜けた」情報があたりを駆け巡り・・・残念!!











待ちに待った登場で〜コミミズク

時間は前後しますが早朝ハイチュウを撮りに行きましたが風がなくいいお天気でした・・・
ハイチュウは風があったほうがよく飛ぶそうなのですが、それでもよく飛んでくれて楽しく撮影しました。
残念なことに近隣のヤツガシラは昨日抜けたらしいという話(実は翌日また戻ってきたそうで(泣))

ハイチュウの撮影を終えるとまだ早いと思いましたがコンビニ寄ってコミミポイントへ行ってみました。
とどうでしょう・・・土手の駐車スペース右も左も既にほぼ満杯の車・・・既に三脚も乱立状態。
車はようやく止めましたがもう帰ろうかなと思ったくらいで・・
どうしようかと迷っていたら地元の鳥友さんが「俺はもう帰るけどあっち行ってみたら?」と
土手の先の方まで車で送ってくださって・・・ありがとうございます。
風が段々段々強くなってきて立ってられないほどに・・三脚据えておくのも怖いので短くして手で抑えてる状態

kmzk7311-2.jpg

延々と待っていましたが「この風じゃ今日は出ないかね?」なんて感じで。
一人なら絶対帰ってたと思うんですがそこにいらした方の楽しいお話で時間を過ごせたのと
何回も帰ろうかなぁ・・って言うとその方が「せっかく来たんだからもう少し頑張りなさい!!」って(笑)

それでも時刻は5時半・・「そろそろ帰るか〜」ってことになって三脚畳んでトボトボあるき始めたら
右の土手(菜の花じゃない方)でヒラヒラ飛んでるコミミが〜後ろ振り返って「飛びましたよ〜」って
でコミミの方に顔を向けたら左の土手から飛んできて目の前のポールに止まった!!!!!
三脚立てる時間もなく取り敢えず抱えたまま撮って(笑)飛ぶな飛ぶなと念じて三脚開いたけど
曲がってるし・・・・こういう時冷静になれません(笑)

kmzk7312.jpg

kmzk7313.jpg

kmzk7314.jpg

一枚目はトリミングで2,3,4枚目はノートリの距離。
ようやく三脚水平出しまで待ってくれたコミミさんに感謝しながらシャッター押したらこっちへ向かって飛んだ〜
目の前を横切って・・・で菜の花の上をひらりひらりと飛んでるんですが・・・
何故かピントが全然来ない・・・

kmzk7315.jpg

kmzk7316.jpg

もう土手には光が当たってないしほぼ暗いのでだめなのかなあと思いつつマニュアルでやってましたが・・
実はフォーカスリミッターをかけたままで・・・あまりに近く飛んだので合わないんだと気付いたときは後の祭り・・・
わずか一分ほど飛んで土手沿いで2羽が絡んで川の方に降りてしまいました・・・

kmzk7317.jpg

kmzk7318.jpg

あとで考えればリミッターの件もそうだし・・
飛んだらすかさず三脚土手の菜の花側に移動すればいいのに・・・とか
あまりにものどんくささに腹を立てましたが・・・
こんな日に少しでも出てきてくれただけでありがたいとコミミ達に感謝して車まで引き返しました。




今季は諸事情で以前から計画してた北海道旅行以外は遠征したり撮影に行ったり出来ず
日々悶々としていました。・・・皆さんのコミミのお話をお聞きするたび「せっかくたくさんいるのに」
と悔しい思いをしていました
3月になって「コミミはまだいるのでしょうか?」鳥友さんにメールすると「まだいます!!」とのお返事が。
行ってみることにしました。

残念ながらヤツガシラははいませんでしたが朝から長〜い一日楽しく過ごしました。
近況教えてくださった鳥友さん、車乗せてくれた地元の鳥友さん
車の影で風よけさせてくれて楽しい話で時間つぶしに付き合ってくれた地元のCMさん
ありがとうございました。










餌にありつくのは大変だ〜オオワシとオジロワシ

wsbl7231.jpg

前にも書きましたが当然餌のあるところに動物は集まります・・・今年は野付で漁が行われていないとか・・
ワシたちの命綱の氷下待ち網漁も不漁で雑魚を捨てるまで行かない・・・
湖で魚を捕ったり線路脇で死んでいる鹿を食べたり・・・それだけではとてもみんなは生きていけないのでしょうね。
なんとか人と共存して生きる工夫をしながらワシたちは過ごしているのでしょう。

たくさんいる・・お腹一杯〜などと言いながらも何せワシ達は天然記念物、国内希少野生動植物種なのです
これが見られることはなんと幸せなことなのか、この環境ずっと守って行かなければならい
鳥撮りの端くれなら少しでもその意識を持っていないとな、なんて思ったりします

そんな御託を並べてますが撮影はもう楽しくて楽しくて・・・何撮ろうかと息つく暇もありませんw


若鳥は強いんです・・一度餌を確保すると羽広げて周りを威嚇、それを守ります。
wsbl7232.jpg

みんな真剣故・・まじまじ見るとなんとなく表情がユーモラスで。特にオオワシはアメリカ漫画の顔ですよねw
wsbl7233.jpg


これはオジロワシの背中があまりに綺麗だったのでw
wsbl7234.jpg

餌を掴んで飛び去るオオワシの背後からキックをお見舞いします〜
wsbl7236.jpg

これもユーモラスで好きな姿なんですが、ちょっと場所間違えて餌から遠くに着地しちゃって・・
照れ隠しのように羽広げて肩怒らせちゃってみんながいる餌の所に押し入ろうとしてます(笑)
wsbl7237.jpg


オオワシとオジロワシのバトルが勃発・・・オジロの餌を奪おうとするオオワシ
wsbl7238.jpg


ちょっとゴチャゴチャなのでトリミング。
オジロはとっくに餌離してるのにオオワシは脚咥えて引っ張ってますよ
wsbl7239.jpg

オジロ君「違うでしょ、違うでしょう。止めなさい止めなさい」と必死な様子(笑)
まあこの後何事も無かったかのようにしらーーーっとするのがまたおかしいのですw
wsbl72310.jpg


これは攻撃をかわすオジロワシの空中姿勢がめちゃカッコ良いなあと思ってw
wsbl723110.jpg

そんなこんなの風蓮湖での出来事でした。




さてワシのリリースはもう終わりと言っておきながら・・舌の根も乾ききらないうちにというか・・・

「あらぁもう少し見たい〜」なんて言っていただくとうれしくなってすぐ前言撤回・・・
どこかの政治家みたいですが・・・(汗)

なにせワシだけで何千枚あったか・・・ひょっとしたらまだ見てない写真あるんじゃないの?と言う感じで・・
昨晩もう一度HDDに遊びに行って来た抜粋を載せることにしました

見ていただいてありがとうございますw








プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ