狩りの名人~シマフクロウ…その2 子

shrwc5774.jpg

順番的には父が来て母が来て最後にこの子が来ました。去年生まれた子なので一歳ですね。
今年も雛が生まれてるので秋にはこの縄張りから出て生きていかなくてはならないそうです・・
自然界の掟ですが・・見てるとジーンと来ちゃいましたw

実はこの子が一番狩りが上手いそうです。一番下手のがお母さん・・でもお母さんは30年も生きてる(笑)
この時も立て続けに2匹捕って食べていました!!

shrwc5771.jpg
shrwc5772.jpg
shrwc5773.jpg



shrwc5775.jpg
shrwc5776.jpg

食べ終わってこの子しばらくじーっとある方見つめて動かないんです・・

実は侵入者がいたらしいのです・・裏山から聞こえるお父さんの「ほーほー」と言う声をじっと聞いていて
それから飛びました。先の電柱の方に飛んでその上に止まったらしいです。
お父さんと合同で侵入者をブロックしていると教えていただきました!!なんか凄いですねw

ファミリーの愛情は深くて・・この前の日お母さんが体調不良だったそうで魚が全然捕れなかったらしく
しまいにはあきらめたそうです・・そうしたらお父さんと子供が近くの木に飛んで来て
「ほーほ^」と鳴きながらお母さんを一生懸命励ましたそう・・お母さんようやく魚を捕って食べたそうです。

そうそう飛んでくるわけでは無いのですが撮影の間には上記の話もそうですが佐藤先生(後述)から
シマフクロウの色々な話を伺い・・全く退屈せず・・眠いはずなのに全く眠くもならず・・時が過ぎていきましたw

shrwc5777.jpg






この撮影場所はもう有名で色々な所に記事も出ていますが知床の「チトライ川」という所です
そこに生け簀を作ってあって魚を放流しシマフクロウが食べに来るところを撮るってわけですね。
だいたい20mくらい離れたところにプレハブがあってその窓外して狙うのですが6月だって寒いんだから
冬はもう凍える感じでしょうねえwでも雪と撮るのが人気だそうで冬は満員だそうです。

chitorai001.jpg

で、特筆すべきはそのライティング設備です。
生け簀周辺を狙って2台のLED照明が設置されていて(写真右に写っているやぐら)
それが1秒間に10回点滅を繰り返すそうです。人間の眼にはただ薄明るい夕方の感じの明るさに見えます。
カメラはMF設定でISO1600~3200、絞り開放、SSを1/80にセットします。「えっ1/80?」って思うのですが
1秒間に10回光ってるので実質は1/800で撮っている計算になると言うこと・・
7DmarkⅡは10コマ/秒なので填まればバッチリ撮れますw
レンズもAPS-Cだと400mmでは長い感じ・・あとで見たらほとんど300mm周辺の絵が多かったです・・
この撮影は自由度高い手持ち推奨だそうで・・僕も結局三脚はわず手持ちにしました。
そうそうなのでビデオ撮るとフリッカーみたいにチラチラして駄目なんです!!

この仕組みを考えたのが前に書いた佐藤しんじ先生・・大学教授だそうです。
先生もシマフクロウに魅せられてそれに会うのにここに通い始めついにはこの仕組みを作ってしまったそうです。
この日はその佐藤先生がお見えになっていて生け簀への魚入れなど仕事をされていましたが
合間にたくさんの話を聞かせていただけたし・・今飛んで来たシマフクロウの行動がとても良くわかっていらして
「この魚は食べずに巣に持ち帰ります、間もなく飛びます」なんて解説付きなので撮影がとっても楽しく出来ました~
ほんとうにありがとうございました!!

という事で今日はシマフクロウの去年の一粒種・・金色の足環をしていました。
もう一回お父さんをUPしますw

一応ReadMoreにExif情報参考までに張っておきます、よろしければ。
ほんとにSS1/80なので(笑)↓
ファイル名 7D2S3612.CR2
ファイルサイズ 22.2MB
カメラ機種名 Canon EOS 7D Mark II
ファームウェア Firmware Version 1.0.4
撮影日時 15/06/16 20:41:08
作成者 brubru
著作権情報 wulm
カメラの所有者名 brubru
撮影モード マニュアル露出
Tv(シャッター速度) 1/80
Av(絞り数値) 5.6
測光方式 評価測光
露出補正 0
ISO感度 3200
ISO感度自動設定 オフ
レンズ EF100-400mm f/4.5-5.6L IS II USM
焦点距離 321.0mm
画像サイズ 5472x3648
アスペクト比 3:2
画質(圧縮率) RAW
ストロボ 非発光
FEロック オフ
ホワイトバランス 太陽光
AFモード マニュアルフォーカス
ピクチャースタイル ユーザー設定1(New Standard)
シャープネス 4
コントラスト 0
色の濃さ 0
色あい 0
色空間 sRGB
長秒時露光のノイズ低減 しない
高感度撮影時のノイズ低減 標準
高輝度側・階調優先 しない
オートライティングオプティマイザ しない
周辺光量補正 する
色収差補正 する
歪曲補正 しない
ダストデリートデータ なし
ドライブモード 高速連続撮影
ライブビュー撮影 オフ
カメラBody No.
コメント
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://bruwulm.blog81.fc2.com/tb.php/493-d5ae0b60

Comment

てるてるno1 | URL | 2015.07.07 20:34
こんばんは
これはこれはこのような所にでるのですね。神秘的な感じすらします。
子供なので親から比べると若い感じはよく判ります。ライトを照らさないと見えないので、どうして撮ったのかな~って思ってみてました。
それにしても北海道は素敵ですね。来年は是非行ってみたいです。
miemamu | URL | 2015.07.08 20:34 | Edit
こんばんわ。
綺麗に撮れてますね。
ここは○の宿かな?
冬に行った時は事前に予約しなかったので満員で入れませんでした。
brubruさんの写真を見て、是非この目で見たくなりました。
brubru | URL | 2015.07.08 20:34
☆てるてるno1さん

そうでうよね若いです。お母さんは推定30歳、こども一歳ですから!!

もう少し早く着けばこの川の上とか歩いて見たかったのですが時間ぎりぎりでした〜
是非一度行って見て下さい〜w
brubru | URL | 2015.07.08 21:19
☆miemamuさん

こんばんは!!リアルタイムの返事ですね、ちょうどいました〜(笑)
そうですそうです・・「鷲の宿」ですwもう有名ですからねw
冬の方が人気有るらしいです・・今時期はそれほど混んでないかな
僕の時は総勢10名いたかどうか・・カメラマンは5人ほどでした。
いやあやっぱ感動します、是非今度行ったときは寄ってみて下さい事前予約一応して!!!
ぐらん婆あー | URL | 2015.07.09 10:11
おはよう御座います。
又々感動しました。私はオジロから写真撮り始まりましたが 最近猛烈に会いたいのは シマフクロウです。burburさんの撮影の内容を拝見して 
みるだけでも挑戦したいな?と思い始めてます。

どの画像も凄いですが 3枚目の魚を食べてる穏やかな横顔が好きです。
有り難う御座いました。
brubru | URL | 2015.07.09 16:34
☆ぐらん婆あーさん

こんにちは!!
ぐらん婆あーさんがオジロワシから写真をお撮りになったっていうのも僕らにとっては凄い話でw
羨ましい限りです!!
シマフクロウは是非一度お会いになったほうが良いと思います!!
あの空気感を実際味わいシマフクロウたちにご対面下さいねw

>どの画像も凄いですが 3枚目の魚を食べてる穏やかな横顔が好きです。
凛々しい顔も良いのですが食べるときの顔はほんと幸せそうに見えました〜
シマフクロウは可愛いなあとこの時思いましたw
Comment Form
公開設定

プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ