まもなく竣工〜コサメビタキ

ksbk75711.jpg

近くに来たコサメビタキを撮りながら後を追っていると巣があるのを見つけました
意外と目立つところなんですねえ・・大丈夫かねこんなところで思いつつ・・
すでに営巣中?と思いましたがまだ巣材を運ぶときもあり縁を固める作業や
そのあと座り心地を確かめているようで作業は終盤って感じでした〜

ksbk75713.jpg

ksbk75718.jpg

ksbk75714.jpg

よく見たら何かくわえて運んでますねw
ksbk75715.jpg

ksbk75716.jpg

交互に作業していることが多かったですが時間が経つと2羽で巣の出来具合を確かめているような時間が多くなりました

ksbk75717.jpg


もう今頃は抱卵していることでしょう・・・
2羽で一生懸命な子育ての姿はどの鳥でも見ていて良いもんですね。
撮影もなんか楽しくてずーっと見ていたいくらいでしたw
数々の試練が待ち受けているとは思いますが・・・巣立つ雛も見てみたいもんですw









キリリとアイマスク〜サンショウクイ

349101.jpg

「ピリリリリ、ピリリリリ」とちょっと金属的な鳴き声はいつも上空から
見上げるとサンショウクイが木の上を旋回しているのが見えます。

巣材を集める時期になると低いところに降りて来るはずなのですが・・まぁ運次第・・・
一緒に行った友は「サンショウクイ撮ったでえ・・」・・いったいいつの間に(笑)

今年はだめかと思って諦めかけてた頃・・・サンショウクイ降臨!!!
モズもそうだけど怪傑ゾロみたいなアイマスクが凛々しい〜

ほんのちょっとの間ですが近くで見ることが出来ましたw

349102.jpg

それほどいろんなショットは無いのでこんなのも・・悪しからず
349103.jpg

349104.jpg

枝に止まったメスにも会えました
349105.jpg

ハイマツの天辺で囀ってましたよ〜
349106.jpg


夏鳥・・・一通りいつものやつを見ておかないとなんか落ち着きません(笑)
サンショウクイも一応近くに降りて来てくれたから良しとしましょうw

そう言えばノビタキにまだお目にかかってないなあ・・・
会いに行きたいもんです・・・






声高らかに唄う〜ノジコ

njk75221.jpg

鳥を撮ってるくせにどうも鳥を探すのがうまくなりません。
せっかく囀ってるのにいつも「どこだどこだ」と右往左往・・・めっちゃ近いのに・・・
上だと思ってずっと枝の上を探していたら眼の前のブッシュ・・・時には頭の真上だったりも・・・
「そこですよそこ」って言われてもさっぱり・・・明後日のほうこう探してたり・・どうしてでしょう(泣)
写真に撮って見るとどうしてこんな目立ってるのに探せないのか不思議なんですけど(笑)

でもノジコは囀り出すと止まりません・・・延々と言って良いくらい囀ってますw
なのでその声が聞こえ出すとじっくり探せるというか・・・
逆に早く見つけると延々と同じ写真を撮ることにも(笑)

体を膨らませ体全体から声を出す姿は愛らしいというかいじらしいというか・・・
正面から見ると真っ黄色なその姿は何とも言えませんねw

njk75222.jpg

njk75223.jpg

njk75224.jpg

njk75225.jpg

njk75226.jpg

njk75227.jpg


ノジコはアオジと同じで湿地に降りて採餌することも多いですが
水芭蕉など葉が伸びてなかなか出てくるのが見えません。
枝に止まるときは常に囀っているとき。なので大きく口を開けた写真ばかりですが
この時期会えて良かったと思う鳥の一つですねw






子育てのトップバッター?〜オオカカゲラ

oagr75011.jpg

恒例のと言っても良いですが今年もこの時期高原でオオアカゲラの子育てを見ることが出来ました。
小鳥よりも断然目立つせいもあるのですが一番先に巣立ちを迎えるのがオオカゲラのような気がします。

毎年営巣場所は変わりますが今年は今までの中で一番大胆な場所で・・
東京の道にたとえるなら国道246の駒沢当たり??人通りが多い方が逆に安全と踏んだのでしょうか??
花も見事だったこの時期、人通の多いメインストリートでの撮影でしたw

oagr75013.jpg

オスとメス・・・10分間隔くらいで交互に餌を運んで来ます・・・
咥えてる大きな虫も写ってますが絵にはならないのでカット!!!(笑)
餌を運んでくるとヒナも前のめりに顔を出すくらい成長していました・・・

oagr75014.jpg

oagr75011-2.jpg
oagr75011-3.jpg


その場を離れ歩いていると餌を探して木登りをしているオオカゲラにも遭遇します。
多分あの巣の主だと思いますがちょうど巣から森を隔てて反対側なので
ずいぶんと遠くまで探しに来るんだなと・・

oagr75015.jpg
oagr75016.jpg
oagr75017.jpg
oagr75018.jpg

oagr75019.jpg

oagr75012.jpg

営巣場所は大胆なのですが巣穴の見えるちょうど良い位置は限定的でそれほどたくさんの人は入れません
午前中は完全な逆光なので撮影は無理なのでどうしても良い時間に人は集まります。
高原ですからこちらのように人が鈴なりって事はありませんがそれでも人気のスポット
こういう時は一人マナーの悪い人がいると雰囲気壊れちゃうもんですが
僕が行ったときは皆さんいい方ばかりで。ポイントも譲っていただき・・楽しく撮影ありがとうございました。
もちろん僕もあとは譲ってその場を離れました〜w

いつも行くときは「今年も営巣見られるかなあ」って期待半分不安半分ですが・・
今年もばっちり拝めてホッとしました〜













寒いなぁって〜ニュウナイスズメ

nnsm7571.jpg

高原の朝、歩き始める頃は霜が降りてダウンを着るほどでした・・・
寒いのは僕だけじゃ無くて・・出会ったニュウナイスズメも寒そうに採餌中(笑)まん丸になってましたw
なんか5月の写真とは思えない・・木々に緑はありません(笑)

ようやく巣作りもはじめたようでせっせと子育てに向けて頑張ってたニュウナイスズメですw

nnsm7572.jpg

nnsm7573.jpg

nnsm7574.jpg

nnsm7575.jpg

nnsm7576.jpg

nnsm7577.jpg

nnsm7578.jpg

nnsm7579.jpg


今週暑かったですねえ・・参りました。

そんな時にそぐわないタイトルですが今年の高原は春の訪れが遅くGW前半には雪がまだまだ残ってた様で。
先日にも書いたかも知れませんがノビタキやホオアカなどいつも早くから来る草原性の鳥達の姿が少なくて。

たくさん色々撮ったので頑張ってUPしないと・・・
いつも見てくださってありがとうございますw







緑の中で〜オオヨシキリ

oykr75021.jpg

少しだけ寄った遊水池ではオオヨシキリの鳴き声があちこちから聞こえました
まぁお世辞にも綺麗な声とは言えず・・鳴き声聞くとなんか蒸し暑い梅雨を彷彿させるのですが・・

今回はちょっと様子が違うなあって思ってたら・・
葦焼きされた湿地で新しく芽吹いて来た葦の緑が綺麗なんです。
そんな中でギョシギョシやってるもんですから何となく爽やかに感じて(笑)

まあ写真的には毎回同じ口開いた絵になりますが・・(汗)

oykr75022.jpg

oykr75023.jpg

oykr75024.jpg

oykr75025.jpg


頭にも書きましたがほんと葦の新緑??が綺麗でした〜
見渡す限りのグリーンの世界でした

ほんとはここでオオセッカも見たかったのですが・・・場所が違ったようで・・・










右向いて左向いてダーーーッ〜サシバ

ssb7561.jpg

サシバの観察には少し時期が遅かったのかもしれません。
昨年出会ったところには現れず・・・今年は会えないかなと思っていました。

カメラを片付けてキビタキのところへ向かう途中いかにもサシバの良そうな谷戸の農道を通りました・・・
すると鳥友さん「あれなに?」と・・・運転席側の農家の木に止まっている・・・
サシバではありませんか!!!鳥友さんすかさず木止まり撮影!!!
僕・・・カメラトランク(泣)そっと降りてカメラ用意・・「飛びました!!!」・・がくっ〜〜

やっぱりこういう時は手持ちも常に持っておかなくては・・・といつも思うのですが(笑)

しばらくすると上空に2羽猛禽。双眼鏡で覗くまもなく「ピックイ〜」
降りては来ず上昇気流に乗って上へ上へ・・・青空に消えていきました。

「行きますか〜」と言われましたが諦めきれず・・・その場に降ろして貰ってしばらく粘ってみることに。

農道を歩きながら・・・するとまた鳴き声・・・見渡すと林の上に一羽見つけましたが・・遠い遠い・・・
水の入った田んぼのお父さんに・・「サシバ?」なんて聞かれて・・・・「その変に出てくっから」って(笑)

30分か1時間か・・・時は経って・・すると農家の裏手の林に飛んでくるもの発見そして止まる・・・
双眼鏡で見たら「サシバのさっちゃん!!」
また走りましたよ・・・近づきすぎないところまで・・今思うともう少し寄れたかなあ(笑)

ssb7562.jpg

ssb7563.jpg

ssb7564.jpg

ssb7565.jpg

ssb7566.jpg

サシバは5分くらいじっと止まったまま時に毛繕いしたり・・時に下を見て獲物を探すそぶりを見せて・・・
なんとか飛び出しは撮っておきたいと・・・ファインダー覗きっぱなしで(笑)

飛んだ後はまた上空へ行って山を越えてしまいました。
ファインダーで見ていると眉半が白く見えたので♀?と思いましたが
こうやって見るとそうでも無いような・・・

絵的には後ろが林でサシバが保護色ですが(笑)
とにかく今年も一瞬でも会えたのでうれしかったです〜w








人懐っこいっていうか・・怒ってる?キビタキ

kbtk7521.jpg

写真が撮れた撮れない、写真が良い悪いはともかくとして・・・(笑)
キビタキ君の登場回数はとても多かったです。
回ったところ全てにキビタキ君がいたと言っても過言ではないです・・・が
メスにはオオルリもキビタキも一度も遭遇しませんでした。

今年は少し遅めの到着だったのかも知れませんがまだ縄張り争いも盛んで
囀る個体が少なく・・なんかみんな怖い顔してるようにも見えました
人の眼の前をサーッと飛んで行ったりものすごく近くに止まったりするんですけど
なんかこっちのことが邪魔っ気みたいな目つきにも見えます
「こいつはフレンドリーだなあ」なんて実は全然違ったりして(笑)

kbtk7522.jpg

kbtk7523.jpg

kbtk7524.jpg

kbtk7525.jpg

kbtk7526.jpg

kbtk7527.jpg

kbtk7528.jpg

kbtk7529.jpg

kbtk75210.jpg


説明も不要なのでとりとめも無く乗せてしまいましたが・・・オオルリと共にキビタキは夏鳥の代名詞
会えなきゃ会えないでめちゃ寂しく帰って来たでしょうが・・・
そんなことは無くたくさん会えて良かったですw
次回は女子にも是非会いたいものです!!!





こちらも負けじと子育て中〜カルガモ

kgm75661.jpg

カイツブリに会いに行った池にカルガモファミリーも2家族いました・・
時を同じくヒナが孵ったそうで親に引き連れられ可愛い行進をしていました。
カルガモは池をグルグルと回っているのですがちょうどカイツブリの撮影ポイントの石畳に休憩に来るんです。
良いんだか悪いんだか・・全く人を人とは思っていないようで警戒心は皆無です。
スマホでも充分撮れる距離で休憩です(笑)

kgm75662.jpg

kgm75663.jpg

カイツブリもそうでしたが子供は親の真似をして育つのがとってもよくわかりました。
親が「ここで食べ物探しなさい」と言ったかのように全員がこの杭の藻を食べ始めました・・これまた可愛いw

kgm75664.jpg

kgm75665.jpg

kgm75666.jpg

kgm75667.jpg

親の羽の下に潜り込みお昼寝タイム・・・この中に7羽入ってるんです(笑)

kgm75668.jpg

2家族、4羽と7羽のファミリーでしたが3日前は7羽と10羽だったらしいです・・・
仕方の無いことですが色々な事情で日に日に減っていくファミリーを見るのが僕は苦手で
何度も足は運べませんが・・きっとみんな元気に大きくなるのでしょう・・・と思い込んで・・・

それにしても・・・可愛いのは事実ですw


高原の夏鳥・・・はじまったばかりなのですが
旬なものに出会ってしまったので先にリリースしましたw















かぁさんの背中〜カイツブリ

ktbr7561.jpg

近隣の公園の池で子育て中のカイツブリに会って来ました。

「生まれたよ〜」とお知らせいただいたのが連休中日くらいだったので既に1週間が経過・・
是非一度背中に乗った子供達を見たいのですが時既に遅しかなぁと・・・

結果・・・見られました〜w子供達も4羽に増えて。一日おきに孵って行って最後の子が生まれてから5日ほどとか。

観察を続けられている方のお話ではだいぶ動きが変わってきたと
今までは親が餌を運びに子達へ寄ってきたけど、この日くらいから子が親を追うようになってきたらしく。
確かに親の後を必死に追いかけて隙あらば背中に潜り込もうとするのですがそれがめっちゃ可愛いw

ぱっと撮ってぱっと帰るかぁなんて思っていたけど可愛すぎて帰れません(笑)

ktbr7562.jpg

食欲旺盛元気な子供が4羽もいればもう大変!!
ひっきりなしに餌を捕り続けるお父さん・・・休み無しです。
でもえらいなあと思ったのはお母さんも子供を降ろして潜って餌捕ってくるんです
とにかく働き者!!頭が下がります・・・

ktbr7563.jpg
ktbr7568.jpg
ktbr7569.jpg


立ってるカイツブリ見たの初めてかも。
脚が後ろの方に付いているのでめっちゃヨチヨチな感じで・・・もう少しでペンギンなのでしょうか??
ヒナのうちは脚掻こうとすると水の上にでちゃうとか(笑)
ktbr7564.jpg

ktbr7565.jpg

ktbr7566.jpg

ktbr7567.jpg

カラスがヒナを襲おうと知る場面が2度ほどありました。
親が2羽「キキキキ」と鋭い警戒音を出すと同時にヒナ達は水中に潜り隠れました。

餌を採る親の横で子供達も見よう見まねで潜りました
それもこの日からの行動らしい。

生まれて10日も経たないうちに親の背中を見てしっかり成長していく姿。
必死に生きているファミリーの姿には感動せざる得ませんね。

ここにいるカルガモの雛は日に日に数を減らしていくそうです
天敵も多いしこれからも厳しいだろうけどどうか無事に育ってと・・・いつも思います。

素敵な光景に出会えました。










プロフィール

brubru

Author:brubru
カワセミに偶然出会って写真が撮れたら
野鳥にはまって:)
お気軽にコメントお願いします!!
EOS 5DmarkⅢ 7DmarkⅡ
EF500mm F4L IS II USM
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Copyright©2014 bruwulm. All rights reserved

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ